ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

クリエイターズトーク 【勇限会社ブレイブカンパニー】

 2011年11月08日


「とにかくゲームが作りたかった。」バンダイナムコゲームス プロデューサー、塚中健介氏はそう話す。

幼少期、ファンタジー世界を破滅へと導く魔王を倒した勇者は、時を経て現実世界で"社会"という名の冒険へ出る。職業欄は勇者ではなく社会人として。
ゲームプロデューサー塚中健介は、ゲーム業界と言うワールドマップで、どのような冒険を歩んできたのか。

「映画や漫画、アニメなど、様々なメディアがありますが、ゲームは体験するだけではなく経験する事ができるメディアだと思うんです。
自分で選んだ道を進み、他の人とは違った過程で自分だけの物語を経験出来る、そんなゲームにひかれていて、気が付いた頃にはゲーム業界を目指すと決めていました。」

地方出身者にとって、ゲーム業界を目指すこと、すなわち都会にでるということ。それは並大抵の決意ではない。
「親を説得するのが最初のプレゼンテーションでした。これをクリアしなくては夢は掴めません。夢は見ているものではなく、掴むものなんです。」

とにかくやるしかない。
「ゲームを作る、そう決めたのだから、回り道をせずただ突き進むだけ。だから休んでいる暇はなかったですね。カリキュラム以上に講義をとり、複数のゼミに通ったり。それくらい本気でした。」
同じ方向をみる同志(パーティ)を得て、塚中氏はさらなる一歩を踏み出す。

「もちろん運はあると思います。でも運は運。大切なのは決して諦めない事です。」
卒業し、株式会社バンプレソフトに入社、『マグナカルタ』『サモンナイトシリーズ』のアシスタント業務を経て、『無限のフロンティア』シリーズなどのプロデュースを行い、幾多の経験を積み、子供の頃に描いた夢を形にしていく。
その一つが今回プロデュースした【勇限会社ブレイブカンパニー】だ。

「【ブレイブカンパニー】は、今はもうゲームから離れてしまったけど昔ゲームが好きだった年代、つまり昔の勇者たちにもう一度ゲームをプレイしてもらいたいと思って作っています。実は企画当初はドット絵から3Dへ移り行く流れ、まさにゲーム業界史を体験できるようなRPGを作ろうとしていたんです。
例えばですけど、2Dの頃は木の上を歩く事は簡単で、木のグラフィックの上にキャラクターを重ねればよかったんですが、3Dになると、枝から枝へ飛び移って、もしかしたら落っこちるかもしれない。そんな体験が出来ればと思っていたんですが…(笑)
それにやりたい事を詰め込んで行った結果、今の形になり、プレイしていただく皆様のライフスタイルに合わせた、iPhone/iPod touch/iPad版とニンテンドー3DS版の2機種での発売となりました。」

気が付けばゲームは進化し、ドット絵だったキャラクターは3Dの美麗なフォルムになっている。このゲームはそんな昔ながらのドット調のグラフィックで始まる。
勇者によって魔王は倒れ、ファンタジー世界に平和が訪れる。世界を救ったプレイヤーはそんな世界の平和を見届けて電源を切る。
それと同時に、気が付けばゲームから離れ、大人になっていたかつての勇者たち。思えばあの頃、プレイするスタイルもお母さんの見守る中で決められた時間の中で遊んでた。でも今はスマートフォンや携帯ゲーム機で、いつでもどこでもゲームができる。
もし今、彼らが今再びゲームを手に取ろうとした場合、本当に適したものとは何なのか。

「本来なら自分が勇者になるのがRPGですが、【ブレイブカンパニー】では勇者を派遣する会社の社長になります。王道RPGに対するアンチテーゼと言ったところでしょうか。」
【ブレイブカンパニー】には、昔ゲームをやっていた人なら思わず頷ける、入り込みやすい内容が詰まっている。

「先行して配信されているiPhone/iPod touch/iPad版では、ゲーム中の時間は実際の生活時間に合わせてリアルタイムで進行します。出社前の通勤時間などに勇者を派遣し、昼休みには到着しているな。とか、また今日は残業で遅いから遠くまで派遣しようなど、生活リズムに合わせて楽しんでもらえます。
それに対しニンテンドー3DS版では状況に合わせて「休む」というコマンドを選択することで、時間を早回し出来るので、次々にクエストを進行させ、先に進めるため、がっつりやりこみたい人に向いていると思います。また、ゲームの進行に合わせて派遣できるパーティの数や雇用人数の上限が増えていきます。こういった違いがありますので、ユーザー皆様にはライフスタイルに合わせて選択してもらえればうれしいですね。

またiPhone/iPod touch/iPad版の最新バージョンとなる3.0では、勇者のQRコードを作成することが出来、ニンテンドー3DSで読み込ませれば勇者を移行する事が出来ます。残念ながらその逆は出来ませんが、iPhone/iPod touch/iPad版にあるtwitter連動機能を利用して作成した勇者もQRコードを利用すればニンテンドー3DS版に勇者データを移行させることも可能となります。
iPhoneのユーザーのほとんどがtwitterを利用していると言うデータもあり、iPhone/iPod touch/iPad版にはtwitter連動機能を、ニンテンドー3DS版にはすれ違い通信やカメラを使った勇者生成機能をと、機種に合わせた要素を盛り込みました。」

ある種リハビリとでも言うべきか。昔の勇者たちに、「今のゲームはこんなにも楽しいんだよ。そして技術もすごいんだよ。」と言うかの様なふんだんに盛り込まれたシステム。
「戦闘パートではニンテンドー3DSの3D立体視に対応した奥行きのあるキャラクター配置を行います。
戦闘システムも、今作でゲームを再開した人がいきなり激しい戦闘などについていけるかと言ったら難しいと思います。なのでシンプルだけども奥深い、ディフェンスゲームの様な半自動の戦闘モードになっています。この場合、勇者たちはモンスターに対して攻め込む側ですので、オフェンスゲームということになりますが・・・(笑)」

戦闘は半自動で進行する。ここぞと言う時にはスキルを使おう。
スキルは下画面をタッチするだけで使用することができるぞ。

【ブレイブカンパニー】の魅力はシステムだけでは無い。奥深いゲーム性にこそ本当の楽しさが詰まっている。
「このゲームでは勇者と言えど社員です。沢山クエストに出したり、戦闘で負けが込めば、その分引退が近づいてきます。そうなると勇者は辞表を出してきます。もちろん引き留めることはできるんですが、引退がデメリットと言うわけではありません。
勇者の持つスキルは通常1つなんですが、男性キャラ、女性キャラが同じパーティで冒険することで、恋人同士になることがあります。その結果、その勇者が辞めてしまっても、一定の確率で次世代勇者がやってくる事があります。言うなれば職場恋愛と言ったところでしょうか。あのキャラとあのキャラの子供が親の能力や装備を受け継いでやってくる事があるんです。また、いかにも実社会っぽい合コンクエストと言うのもあります。
何代も代替わりをさせて、会社として勇者を育てていくのも【ブレイブカンパニー】の醍醐味です。」

引退した勇者の子供が次世代勇者としてやってくることも。
冒険を繰り返すことでクラスチェンジすることが出来る。

さらにストーリークリア後も、新たなる魔王やクエストの出現など、終わりがなくずっと楽しめると言う。
「勇者を派遣すると言うゲーム本来の楽しみ方にプラスアルファとして、自分だけの本社城や城下町をカスタマイズする事が出来ます。例えば武具開発室を設置すれば、集めて来た素材とレシピを使ってより強い武器を開発したりと言ったメリットももちろんあります。クエストにも自動生成のクエストもあり尽きる事はありません。また季節毎のイベントも用意されています。」

箱庭ゲームの様な建設要素、タッチパネルで気軽に楽しめるオフェンスゲーム、競走馬育成ゲームの様な育成要素、マイスターゲームの様な季節ごとのイベント・・・。【ブレイブカンパニー】の楽しみ方は尽きない。

「勇者派遣会社の社長として、勇者を育成し世界を救って行くのが大元のストーリーです。ですがそれ以外の楽しみ方、やり込み要素も沢山盛り込んでいます。霧が掛っていて見えないところや、海に浮かぶ小さな小島など、広大なワールドマップにもクリア後の楽しみが満載です。自分のライフスタイルに合わせて、ぜひこのゲームを楽しんでいただけましたら幸いです。【ブレイブカンパニー】で、自分だけの社長業を起こしましょう!」

【勇限会社ブレイブカンパニー】
◆ジャンル:RPG風・勇者派遣シミュレーション
◆プレイ人数:1人
◆対応機種:ニンテンドー3DS
◆発売日:2011年10月27日 発売中
◆予定価格:5,040円(税込)
◆CERO:A
すれ違い通信対応・3D表示対応・カメラ機能対応・タッチスクリーン対応

【iOS版】
◆対応端末:iPhone3GS/iPhone 4/iPod touch第3世代以上/iPad/iPad 2
◆配信予定:2011年夏 配信中
◆価格:第1章、第2章無料(第3章以降350円[税込])+アイテム課金

公式サイト:http://bracom.channel.or.jp/

関連リンク:
GJファーストインプレッション【勇限会社ブレイブカンパニー】
クリエイターズトーク 【勇限会社ブレイブカンパニー】


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /

twitter

アンケート

Q. PS Vita 買う?

実施期間 2011-10-15 00:00:00 ~ 2011-12-16 23:59:59

選択肢投票数比率
216.67 %
325.00 %
18.33 %
216.67 %
433.33 %