ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【Maru-Jan】のプリペイドカードをヤマダ電機他で販売

 2010年04月30日

シグナルトークのオンライン麻雀ゲーム【Maru-Jan】のプレイポイントがオフラインで買える。全国のビックカメラ、ヤマダ電機にて販売開始。



以前コラムでも紹介したが、40万人が腕を磨く究極のネット麻雀【Maru-Jan】のプレイに必要なポイントを充填出来る「Maru-Janカード(POSA版)」が全国のビックカメラ、ヤマダ電機にて購入できるようになった。
販売するのはプリペイドカード業界最大手のインコム。

ちなみにPOSAとはPOSシステム対応レジにて管理し、販売が実行されることでポイントカードのコードが有効(アクティベート)になる在庫リスク・管理が不要になる画期的なプリペイドカード販売システム。
オンラインゲームのNEXONでもこの方法を採用しているので、オンラインゲームでは信頼あるブランドだ。

オンラインゲームともなると、その課金方法の煩雑さがハードルとなるが、今回の発表によって「クレジットカードでの課金はちょっと」と言う方でも簡単に全国40万人の雀士と対局出来るようになる。
このプリペイドカードは「1000ポイント(売価1000円)」と「2000ポイント + 100ポイント(売価2000円)」の2種類があり、どちらもゲーム内で使用できる「雀貨(麻雀で言うチップ)」のプレゼント枚数が、通常購入の2倍となっている。

また、【Maru-Jan】は先日『Version12』をリリースしたばかり。「丸雀戦国時代」と題し、全国に散らばるツワモノと対局し、対戦相手より順位が上回ると、相手が所属している県を征服することができ、戦国統治図と呼ばれる地図が塗りつぶされていく国盗物語を彷彿とさせるシステムが導入。もちろん攻略度合いによってプレイポイントが貰えるのも【Maru-Jan】らしい取り組みだ。
さらに深い遊び方、【Maru-Jan】の魅力についてはこちらのコラム、公式サイトを参照にして欲しい。

コラム:アナログゲームはどこまでデジタルで再現可能か。

【Maru-Jan】
ジャンル:高級オンライン麻雀ゲーム
公式ホームページ:http://www.maru-jan.com/
料金:
東風戦1ゲーム 80ポイント(※購入の際には80円相当)
東南戦1ゲーム 150ポイント(※購入の際には150円相当)
また、1位の人は無料でゲーム続行が可能
Copyright (C) 2004 SignalTalk All Rights Reserved.


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード