ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

もうひとつの世界への扉はこの冬開かれる【二ノ国】制作発表会レポ

 2010年06月25日

6月24日、都内にて株式会社レベルファイブの新作RPG【二ノ国】の制作発表会が行われた。レベルファイブ×スタジオジブリのオリジナルストーリーがいよいよ動き出す。



レベルファイブの従来の発表会と言えば、ゲーム内に登場する豪華出演者が登場し、マスコミ各社がこぞって押し寄せる華やかなスタイルが定番だったが、登壇した日野晃博社長は「ゲームの内容を純粋に伝えたい」と言うことでこの様なレベルファイブ一地味な発表会になっている。と開口一番に来場者へ伝えた。

ゲームの紹介PVを公開するに当たり、「このPVに正式名称、発売日、価格が盛り込まれている」と述べて始まった絵像では、日本のアニメ産業を席巻するアニメスタジオ、スタジオジブリのアニメーションに合わせ、日本を代表する作曲家、久石譲氏の幻想的な音楽を東京フィルハーモニー交響楽団が奏でる壮大なる内容で会場中を引き付けた。

発表となった正式タイトルは【二ノ国 漆黒の魔導士】。発売日は2010年12月9日(木)、価格は6800円(税込)で、魔法指南書「マジックマスター」が同梱される。発売日は『行こう(1)二(2)ノ国(9)』と覚えよう。

ゲームでは実際にこの「マジックマスター」を片手にプレイすることになる。「マジックマスター」には魔法を使うためのルーン文字や、世界観、魔物たちとの戦い方やアイテム調合のレシピと二ノ国を旅するために必要な情報が詰まっている。例えば古い物語からゲームのヒントを得ることが出来たりと、読み物としての価値もある内容だ。




そして今回発表となった新システム、イマージェンの育成・収集システムについて説明があった。イマージェンは、命ある生き物の心が実体化して幻獣の姿になったもの。二ノ国では、この心の戦士イマージェンと共に冒険を進めていく。
イマージェンは"育成かご"の中で育てることになる。かごの中ではなでたりおやつをあげたりブラッシングをしたり出来、育成ゲーム並みの要素が詰まっている。また、集められるイマージェンは300種類以上!お気に入りの仲間たちで冒険できるとのこと。

ゲームの説明の後は、執行役員、制作2部シニアマネージャーの本村健氏と広報部シニアマネージャーの丸屋教子さんが、この発表会のために用意された体験版を実際にプレイ。本村氏がプレイし、途中必要になる情報を丸屋さんが「マジックマスター」の中より紹介していた。

説明を終えた両氏からは「本を使いながらゲームの謎を解いていく訳ですが、本には色々な謎が仕掛けられていて、ゲームと上手く融合しているのでこの新しい遊び方を是非楽しんでほしい。」と本村氏。

丸屋さんからは「通常は広報を担当しているのですが、この本の制作に携わることで、今回初めてゲーム開発にも携わる事が出来ました。本の制作チーム一同、毎日楽しく本を作っていて、この体験版用に新たに本も作成しました。製品版ではもっとよりよい物にしていくので、こちらもよろしくお願いします。」とのこと。

最後に日野社長から「」本当は2009年発売予定で、レベルファイブ10周年記念作品だったのですが、12周年記念となってしまいました。その理由の一つに、この本と言う存在がすごく大きく、連動させることが思ったよりも大変でした。ですがより一層熟成させて皆さまの元に届けたいと思い、日々開発している。実際に、本のネタとゲームのネタを今現在も一所懸命仕込んでいる最中とのことで、この日公開された「マジックマスター」はほとんどのページがシークレットとなっており、製品版ではさらなるボリュームの物となっているであろう。











もうひとつ大きな発表が。それはDS版と併せて制作していたコンソール機版の発表だ。ムービーが上映され、映し出されたのはPS3の文字。ジブリ制作のアニメーションに続きゲームの実際の映像が映し出されたが、遜色ないほど滑らかで再現性の高い映像はPS3だからこそなせる表現か。

PS3版のタイトルは【二ノ国 白き聖灰の女王】。「DS版とのサブタイトルの違いからも解る通り、この2作は同軸の物語でありながら、それぞれ1から別に制作されており、全体の仕様、ストーリー展開もまったく異なるもの」で「ユーザーの皆様にはぜひ両方とも楽しんでいただきたい。両方をプレイした時、二ノ国の本当の謎が明らかになる」と日野社長は語る。
さらにドコモのi-modeで展開する携帯コンテンツROIDでは二ノ国の本編より前、主人公オリバーの住むホットロイトでの不思議なストーリーを体験できる、『ニノ国 ホットロイトストーリーズ』をDS版発売と同時期に配信する。『-ホットロイトストーリーズ』も併せてプレイすれば、二ノ国をもっと深く知ることが出来るに違いない。


【レイトン教授】シリーズ、【イナズマイレブン】シリーズに続く、レベルファイブの新機軸【二ノ国】の今後の展開に希望を抱かせつつ、今回の発表会は終了となった。




PS3版は2011年までお預けとして、DS版【二ノ国 漆黒の魔導士】は2010年12月9日(木)発売予定。

【二ノ国 漆黒の魔導士】
ジャンル:ファンタジーRPG
対応機種:ニンテンドーDS
発売日:2010年12月9日発売予定
企画・シナリオ/総監督:日野晃博
アニメーション作画:スタジオジブリ
音楽:久石譲
希望小売価格:6,800円(税込)※魔法指南書「マジックマスター」同梱
CERO:審査未定
制作・販売:株式会社レベルファイブ
(C)LEVEL-5 Inc.
公式サイトhttp://www.ninokuni.jp/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /