ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【TGS2010】PSPで龍が如くの“新章”が始まる!新感覚の喧嘩バトルやミニゲーム、キャバクラ遊びも充実!

 2010年09月30日

ゲームの祭典、東京ゲームショウ2010が終了して早2週間。今一度会場で見ることが出来たイベントステージの模様をお伝えする。まずはSEGAブースイベントステージにて行われた【クロヒョウ 龍が如く新章】の完成披露会・ドラマ制作発表会の様子から。



TGS2010 SEGAステージにて【クロヒョウ 龍が如く新章】の完成披露会・ドラマ制作発表会が行われた。
まずは名越稔洋監督が登場しトレーラー映像を鑑賞。「殺人」・「裏切り」・「出生の秘密」・「事件」・「暴力」・「自由」というトレーラーに流れた様々なキーワードを軸に、若い人達をターゲットに絞ったという名越監督。『暴力は今は忌み嫌われるが戦ってこそ判るものもある。暴力しか知らなかった少年が地下格闘場に放り込まれて、暴力についての疑問をもつようになる成長ドラマを持った意味深い作品に仕上がった』という。
その「暴力」についてだが、PSPのバトルシステムはオリジナリティにとんでいる。実際の喧嘩の臨場感を表現するため体力ゲージを排除。10種類以上の戦闘スタイルを選び、必殺技の習得や相手に勝利する事で相手を仲間にする事ができる機能を搭載。さらにその仲間は通信対戦で使用でき、通信対戦で勝利すれば相手のチームを解散に追い込むことができるというシビアな喧嘩の世界を再現。
再現したのは「暴力」だけではなく、リアルな生活観や巨大歓楽街神室町も完全再現。サブストーリーは100種類以上、大人気のキャバクラシステムももちろん搭載しておりキャバ嬢役にもアイドルやモデルを起用した力の入れようだ。
再現するというのは何もゲームの中だけではない。「カラオケ館」・「SOLE」・「ドン・キホーテ」・「PRONTO」・「松屋」・「琉球酒豪伝説」とのタイアップが実現!各タイアップ先とのコラボポスター内QRコードにてプレゼントキャンペーンを実施し、抽選で96名にクロヒョウグッズやPS3やPSPなど豪華賞品が当たるという。
一通りゲーム紹介後、ゲームに参加したキャストが登場。各々がコメントを出しているので以下に全文を掲載する。キャスト一人一人が思い入れをもって作品を作っている事が伝わってくるゲーム発表会見となった。
だが、ゲームだけでは終わらない【クロヒョウ 龍が如く新章】の世界については次の記事で紹介させていただこう。

<各キャストコメント>

【主人公・右京龍也役 高良健吾】

――高良さんは台本を読み込むうちに主人公の生き様に共感されたと聞いたが具体的には?
「正直なとことか自分に嘘をつけないとこだとか真っ直ぐすぎるところだとか、そういうのは好きですね」
――収録の時、ゲーム画面を見ずに演技をする事が難しくて、全員の役を演じる事に追い込まれたと話を伺っているが実際はどうだったのでしょうか?
「僕が声を入れる時は映像もまだなくて、相手の方の声もまだなかったので、自分で相手の台詞を心で読みながら自分の番が来たら自分の声を出してまた相手の方の次も心の中でやって、また自分の番が来たら声を出してという感じだったのでそういう経験は初めてだったのでそれはすごい難しかったです」

【ヒロイン・工藤沙紀役 波瑠】
――初めてとは思えないほどスムーズに収録が進行したそうですが
「私もゲームの声をやるのは初めてだったので、スムーズだったかどうかわからないんですけど、すごいリラックスして自然体でできたなと思います」

【久鬼隆太郎役 黒沢年雄】
――俳優として長年ご活躍されてきていますが、デビュー当時ニックネームがなんとクロヒョウと呼ばれていたそうですね
「恥ずかしい話ね」
――今回縁を感じてならないわけですけど、久鬼という極道役を演じられていかがでしたか?
「あの、指示する監督さんっていうんですか?そういう方が非常に判りやすく説明してくれるんで、言われたとおりに演じさせていただきました。とても楽しかったです」

【雨宮泰山役 岩城滉一】
――力のみを信じる少年や、真の強さというのがテーマになっていますけれども、岩城さんの思う強い男とは一体どんなものなんでしょう?
「そうですね、この中では勝負の勝ち負けっていうのは死をもってするわけですけれども、その中でも友情だったりだとか相手に対しての尊敬だったりだとか、そういう気持ちを持ちながら戦っていくという男らしさじゃないかなと思います」

【キャバ嬢役 手島優】
――現実の手島優とゲームでの手島優、どちらがセクシーだと感じますか?
「そうですね(笑)ゲームの中でも手島優として出演させていただいてるんですけども、実際にリアルにゲームの中でも顔とかスタイルとかもカメラで色んな角度から取っていただいたので、どっちがセクシーかっていうと同じ感じだと思うんですけども、ただ、ゲームの中のほうが私は品があります」

【キャバ嬢役 星あや】
――星さんはご自身で自分がキャバ嬢になるとは思っていなかったそうですが、ご自身の目から見てキャバ嬢の星あやはどう映ってますか?
「普段モデルをやっていて、女性に向けてのファッション雑誌なので男性へのアプローチの仕方というのがちょっとなかなかそういうキャラクターになる事がなかったので、自分自身では結構最初にお話いただいた時えーと思って、はらはらはしたんですけど。私でできるのかななんて思ったんですけど、そうですね・・まーあの良い機会をいただいて今までやったことのない自分だったと思うので楽しめました。勉強になりました、とっても」

【ポールダンサー役 中村アン】
――中村さんはセクシーなポールダンサー役ですけど、色っぽいCGダンスシーンを見てどう思いましたか?
中村「そうですね、ポールダンサーがすごい恥ずかしい自分で見てても。普段はやったことがなかったので緊張しました」
――これからやってみたいとかは思われてますか?
中村「そうですね、私は高校と大学でチアリーディングをやっていて、すごいアグレッシブな性格をしていたので結構アクティブなところが好きなんですけども、なのでちょっと興味あります」

【テーマソング提供 RIZE】
――JESSEさん、曲作りはどのような意識で取り組まれた?
JESSE「数曲話を聞いた状態で名越さんに提案して、丸投げしましたね。名越さんが選んでくれた。名越さんの話を音で、視覚でも嗅覚でもなく色んな事をイメージできるような曲になればと思ったので名越さんに、4曲。ちょうどアルバムを作ってた最中だったのでどれでも僕達はよろしいですと。そしたら歌詞も全て奇跡のようにあってしまって、自分らの代表曲になる事がすごい誇りに思ってます。イェイイェイイェイみたいな曲じゃなくて本当にメッセージがある本当に若い子達が傷ついてる中の気持ちが伝わってくんじゃないかな。最高の曲になったと思いますありがとうございました」
――金子さん、PVの撮影大変だったと聞いていますが
金子「すごいスムーズでしたよ。現場がもうクオリティできあがってるところに招いてもらったような感じだったんで、俺達的にはすごい贅沢させてもらったかなといった」
――KenKenさん、【MUPPET】が使用されてるシーンが多いが感想を
KenKen「実は僕まだこのゲームプレイしてないんですよね。色んな噂を聞いてます。体験版でも流れてるらしいんですけど、体験版は本編まで楽しみにとってるんですけど、OPのタイトルから流れてるらしいですよ?多分泣いちゃいますね、自分の曲が流れてる時に。でも本当に良いシーン良いシーンで出てくるっていう話を聞いたんで、僕も楽しみにしています」

『“新章”はゲームだけでは終わらない!【クロヒョウ 龍が如く新章】の漫画化&ドラマ化とメディアミックスが決定!!』>>

 

【クロヒョウ 龍が如く新章】
プラットフォーム:PSPR「プレイステーション・ポータブル」
発売日:2010年9月22日発売予定
価  格:UMDR版 6,279円(税込)/ダウンロード版 5,600円(税込)/限定版「名越稔洋プロデュース プレミアムBOX」9,429円(税込)
ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人(通信時1~4人)
CERO表記:D(17歳以上対象)
著作権表記:(C)SEGA
公式サイト:http://kurohyo.jp/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /