ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

iPhoneに【CAPCOM ARCADE】が登場。懐かしゲームが手の中に!

 2010年10月06日

カプコンはiPhone用コンテンツの今後のラインナップを発表した。既に配信されているiPhone版【SFIV】の無償アップデートと、【CAPCOM ARCADE】、そして据え置き機で最新作が登場したばかりの【DEAD RISING】が登場する。



まずはiPhone用【ストリートファイターIV】の次回アップデート内容から。
次回のバージョンアップでは「ストリートファイター」シリーズの肝でもある「通信対戦」がより面白くなる仕掛けを追加する予定。
「プレーヤーカード」で【SFIV】ユーザー同士で情報を交換し合えたり、アーケードの緊張感もそのままに突然、乱入対戦も可能!また、これまでのアップデートでも非常に好評な新キャラクターも追加決定!次の参戦者は一体誰だ?!

これはもうただの移植作ではない!【iSFIV】と言っても良いだろう。
盛り沢山の内容でますます対戦が熱くなる次回アップデートにこうご期待!

続いてはiPhoneに【CAPCOM ARCADE】が登場!

iPhoneがゲーセンになっちゃう!皆が熱狂したカプコン名作アーケードゲームの数々を、懐かしいゲームセンター感覚をそのままにアプリで再現した【CAPCOM ARCADE】が登場!

バーチャルゲームセンターには店員や人がいて、あたかも自分もそこにいるかのような感覚を味わえる。
初回配信時のタイトルは、【ストリートファイターII】【1942】【大魔界村】【戦場の狼】の4タイトル。
【CAPCOM ARCADE】ではアップデートを定期的に行い、その都度、遊べるゲームが追加されていく。
基本となるアプリは無料で、回数限定の“チケット”を使ってプレイすることができる。
また回数限定のチケットで物足りない方は、“トークン”を購入してプレイする事も可能で、もっと贅沢に“キャビネット”(=筐体)を購入すれば、回数を気にすることなく無制限にプレイすることができるぞ。

そして、先日最新作【DEAD RISING2】が登場したばかり。ゾンビゲームのニューカマー【DEAD RISING】がiPhoneに登場。

“ゾンビ”であふれる“ショッピングモール”内で“日用品”を武器に闘い続け、生き残る事が出来るか?!
カプコンならではの作りこまれたAIにより、ゾンビやキャラクターのアクションも非常にリアルに作り込まれている。
また、本作ではユニークなソーシャル連動機能を搭載。プレイヤーが力尽きた時、FacebookやTwitter上で「Help Signal」を発信して他のプレイヤーに助けを求める事が出来る。
それを傍受したプレイヤーに助けられるかどうかで、次回プレイ時に何らかの影響でるらしい・・・。
「DEAD RISING」の詳細はおってお伝えしていく。今からお楽しみに待っていてほしい。

関連記事:【コラム】どうやら日本のゲーム産業はiPhoneを包括的にとらえたらしい。  2010年10月06日


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード