ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【TGS2010】ラブプラスアーケードだけではないラブプラス新筐体投入!

 2010年09月18日

先日ロケテストが行われたラブプラスアーケードだが、TGSではそれとは別の、全く違った筐体が姿を現した。イーアミューズメントパスを使ってゲームセンターでガチデート開始!



本日TGS2010、KONAMIブースにてラブプラスアーケードの試遊がおこなわれた。ロケーションテスト同様、3人の彼女との甘いひと時が過ごすことが出来る。
ゲームはデートコースやミニゲームで好感度は上がり、今回の試遊では前回のロケテ同様、ミニゲームの3種類(ノット30・スイカ割り・だるまさんがころんだ)のうち1つが体験できる。ミニゲームの遊び方は、タッチパネル式の画面の左右にボタンが1つずつ設置してあり、ノット30では左ボタンで自分が数える回数を数え右ボタンで決定、スイカ割りでは左右に揺れる相手を上手くボタンを押して誘導、だるまさんがころんだではボタンを押すと自分がだんだんと相手に近づいていく仕様となっている。
普段のDSとは違う左右から聞こえる音声に普段より相手との距離を身近に感じ、大画面での表情の変化やタッチでの反応などはやはりアーケードとしての強みであろう。実際に筐体として各ゲームセンターなどにおかれる際は、プレイ後に『デートの思い出』としてプリントアウトされるシールがあるので普段とは違う彼女達を是非体験して欲しい。なお試遊をおこなうと、ゲームショー限定のプリントアウトシールがもらえるのでそちらにも注目だ!

そして、今回TGS2010にて初公開となった筐体がもう1つ。それが『ラブプラスMEDAL+Happy Daily Life+』である!
彼女達と一緒に楽しめるメダルゲームで、もちろん各彼女分3筐体が設置されている。画面の上部にある画面には3Dな彼女が浮かび上がり、触れると「恥ずかしい」と反応するセンサーつき。実際にメダルゲームで勝ってもらえるメダルは彼女達が差し出してくれ、それをタッチパネルで触れて受け取る仕様になっている。
ゲームは色かマークがあっていればカード出せるUNOのようなシステムで、出せるカードはメダルのBET数によって変わってくる。そのカードの指示にしたがい彼女が画面を動き、そのマスに書かれた行動をしてイベントが進行していく仕様だ。マスには通常マスとイベントスポットマスがあり、基本的にはイベントスポットマスを目指す事になる。

ゲームはとわの市を舞台にしており、『ラブプラス+』では名前や声のみだったサブキャラクター達も画像つきで数多く登場するサイドストーリーとなっているので『ラブプラス+』をプレイしたならばニヤリとする場面も数多くあるはずだ。
しかしこの筐体のすごいところはこれだけではない。e-AMUSEMENT PASSによって他の各筐体とリンクし、グランドクロスなどのメダルゲームをしていると彼女達の「面白いね」・「もっと遊ぼう」などの声が聞こえてくるという。他のゲーム筐体で一緒にデートすればするほど『ラブプラスMEDAL』での会話内容が親密になっていき、前回のデートの会話なども織り交ぜてくるという話だ。さらにDSのラブプラスとも連動させ、各彼女の性格設定や外見はもちろん会話内容や追加要素なども変わってくる予定だというので、家ではDSで会い、e-AMUSEMENT PASSが使える筐体で一緒に会話をしながら遊び、アーケードで大画面の彼女と新しいデートをするというマルチなデートが可能となった。
熱海など実際の施設ともコラボしていくラブプラスは、今後も彼女とのデートをより楽しい物へと昇華させていくつもりだ。
なお、KONAMIブースでは各場所にARマーカーを設置。KONAMIのキャンペーンガールの格好をした彼女達や、KONAMIブースに作られたデキシーズカフェでウエイトレスをしている彼女達が見られるという。デキシーズカフェでは来場者に特製コースターも配布するというので、今年のKONAMIブースは彼氏たちなら是非足を運んでほしいブースだ!


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード