ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【ドラクエ展】はまるでRPGの世界に入り込んだかのような美術展だった!

 2011年10月09日

本日より六本木ヒルズ森タワー52階森アーツセンターギャラリーにて【生誕25周年記念 ドラゴンクエスト展】が開催される。



入口には2つの伝説の剣が!!

【ドラゴンクエスト展】はもはや日本国民で知らない人のいない、1986年に発売されて以来全シリーズ類型出荷本数5800万本を誇る家庭用ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』の栄光の歴史を振り返ると共に、『ドラゴンクエスト』が創り出した世界観や手法、その社会的意義について豊富な資料と共に紹介するゲーム史上初の本格的な展覧会となっている。

まず入場すると、『天空の王宮』にてメインクリエイター3人からの25周年感謝メッセージが読むことが出来る。続いて『ダーマの神殿』にて戦士・武闘家・僧侶・魔法使いの4つの職業から一つを選び、その職業の冒険の書が手渡される。今回の展示会は『ドラクエ』の世界をそのままに、冒険の書に書かれた謎を解いて進んでいくロールプレイング展示会となっているのだ!

冒険の書を手に入れたプレイヤーがまず訪れることになるのが『旅立ちの町』。ここで歴代の勇者の姿を目に焼き付けた後、『勇者の大地』へ進む。ここでは25年のヒストリーとアドベンチャーを見ることができ、今までの作品のストーリーやそれぞれにまつわる原画が壁一面に展示されている。『勇者の大地』を進んでいく中でドラキー・スライムナイト・おおきづち・ゴーレムなどとエンカウントするが、手元の冒険の書に書かれた謎を解き進んでいこう。

『勇者の大地』を抜けるとそこは『竜王の城』。各職業に合った武器を手にし、襲い来る竜王を見事討ち果たしてほしい!
壮絶な戦いを終えた後はエンドロール・・・の代わりに歴史の洞窟へ。今までのドラクエに関わった貴重な資料が展示されており、ゲーム制作の工程からマップデータ、戦闘ルーチンなどのゲーム資料、鳥山明氏の原画やすぎやまこういち氏の楽譜といった門外不出の資料や、今では手に入らない懐かしのレアアイテムなど、ファンにとっては“お宝”とも言うべき豊富な資料が展示されている。

懐かしい気持ちに浸った後訪れることになるのが『思い出の塔』。ここではファミコンで当時の『ドラゴンクエスト』を試遊することができる。
ここで過去を語るエンドロールは終了。ここからは新たなる旅立ちとなり、『ドラゴンクエストXのほこら』へ。現在開発中の最新作【ドラゴンクエストX】の世界観やキャラクター設定などの情報をパネルや映像にてチェックすることができる。
そして最後に訪れることになるのが『どうぐや』。これから「現実」というフィールドに出なければならないプレイヤー達のために、ここでは様々な武器や防具、グッズや『勇者の証』などが販売されている。是非ここで装備を整えて、現実というフィールドで戦えるようにしていってほしい。

ここまで【ドラゴンクエスト展】を周り、竜王とも戦った事でHPやMPが減っているプレイヤーも数多くいるだろう。そんなプレイヤーは『どうぐや』を出てすぐにある『LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)』を訪れてほしい。ここでは「ギガンテスのこんぼう」・「ふしぎな木の実の盛り合わせ(ラックの種・スタミナの種・きようさの種)」・「女神の果実」・「スライム肉まん」などのフードメニューや、「ザオリクーラー」・「エルフののみぐすり」・「ホイミティー」・「ベホマッチャ」などのドリンクメニューが用意され、天空の塔52階から見渡す景色とともにプレイヤーを癒してくれるスポットとなっている。
まれにばくだんいわがコロッケになって現れたり、マドハンドがハヤシライスから出てきたりするがそのあたりは竜王を倒したプレイヤー達なので、なんなくペロッと経験値にしてしまえるだろう。

最後に、冒険の書に書かれた謎をクリアすると「勇者の証」が手に入る。これをつけてもう一度この【ドラゴンクエスト展】をプレイすると、なんと最初に選べる4つの職業に加え5つ目の職業として「勇者」が選べるようになる。竜王の城で戦う際に特殊な武器が選べたり、また新しい冒険の書で新しい発見があったりするので、勇者となったプレイヤーは現実に帰った後是非もう一度この『ドラゴンクエスト展』の世界をプレイしてほしい。
なお【ドラゴンクエスト展】は2011年10月8日(土)より公開され、2011年12月4日(日)までの58日間公開している。2ヶ月間の限定公開となるが、是非その目でこの空間を見て感じて、体験してほしい。

【ドラゴンクエスト展】
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:午前11時~午後10時/金・土・祝前日は午後11時(入館は閉館30分前まで)
入館料:一般1800円/学生(高校・大学生)1300円/子供(4歳~中学生)800円
※展望台・森美術館入館料(一般1500円/学生1000円/子供500円を含む)
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式WEBサイト:www.dq25ten.jp


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード