ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

PSPユーザーも安心してPS Vitaへ【UMD Passport】提供へ。

 2011年11月11日

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、プレイステーション・ポータブル(PSP)用のUMD版ゲームタイトルを所有しているユーザーがお手頃価格でダウンロード版を購入できるサービスプログラム【UMD Passport】を提供すると発表した。



【PS Vita】予約開始。通信料を賢く抑える方法とは?【編集長著】

【UMD Passport】は、既にPSP用のUMD版ゲームタイトルを所有しているユーザーが、同タイトルのダウンロード版を購入される場合に、PlayStation Store(PS Store)販売価格よりも手頃な価格で購入出来るようになるサービスだ。
このサービスプログラムを2011年12月6日(火)より開始する。

【UMD Passport】を利用することで、2011年12月17日(土)に発売予定のPlayStation Vita(PS Vita)を購入したユーザーがUMD版のゲームタイトルを所有していた場合、同タイトルをPS Vitaでも手軽にプレイする事が可能になる。

【UMD Passport】を利用するためには、専用アプリケーション【UMD登録アプリケーション】(無料)が必要で、PS StoreからPSPに【UMD登録アプリケーション】をダウンロードし、UMDを挿入した状態でアプリケーションのナビケーションの指示に従って操作することで、PSNアカウントへのUMD登録が完了する。
登録完了後に、同じタイトルのダウンロード版をお手頃価格で購入できるようになる。

例えば、株式会社インデックス(アトラス)の【ペルソナ3ポータブル PSPthe Best】が1,500円、株式会社コーエーテクモゲームス【真・三國無双 PSP the Best】が500円など、思わず手が出る価格帯だ。
さらにPS VitaにはPSP Gameのグラフィックを滑らかに見せる「バイリニアフィルタリング」機能を搭載しており、より良い画質でプレイできる。

注意事項として、
アプリケーションのダウンロードにはPlayStation Vita専用のメモリーカードが必要で、PSNアカウントに一度登録されたUMDは、他のPSNアカウントに登録いただくことは出来ないとのこと。

現段階では、40社以上、約200タイトルが対応を予定しており、順次対応タイトルを拡大していく。
また、2011年12月6日のサービス開始時の対応タイトルは、2011年11月中にPS Vitaプロモーションサイトにて公開する予定だ。

■PS Vitaプロモーションサイト:http://www.jp.playstation.com/psvita/index.html
■UMD Passport対応ラインナップ:http://www.jp.playstation.com/psvita/compatibility/umd/title/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  / /