ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

ゲームの魅力をご紹介【MH3G】ふらっとハンターって何だ!?

 2011年12月13日

12月10日に発売したカプコンのハンティングアクションゲーム【モンスターハンター3(トライ)G】の魅力をご紹介。今回はすれちがい通信で出来ること。



ニンテンドー3DSの大きな魅力の一つすれちがい通信。3DSでは本体にゲームソフト10本まで登録することが出来、現在プレイ中のゲーム以外でもすれちがい通信が行えるようになった。
12月10日に発売した【モンスターハンター3(トライ)G】(以下:MH3G)でもすれちがい通信を行うことで様々な楽しみ方が増えて行く。

すれちがい通信機能をONに設定しておけば、例えゲームをプレイしていなくてもスリープモードになっていれば街中などですれ違うだけで、他のハンターとギルドカードが好感出来るぞ。もちろんゲームプレイ中もすれちがい通信は行われるし、他のゲームをプレイ中でも可能だ。

ゲーム中ですれちがい通信の設定をするには、港エリアにいる赤い帽子をかぶったアイルー、『郵便屋さん』に話しかけると、「すれちがい通信」の設定ができる。

「すれちがい通信」では、すれちがった他のプレイヤーからギルドカードをもらったり、自分のギルドカードを相手に送ったりすることができる。
3DS本体の緑のランプがついていたら、『郵便屋さん』に話しかけよう。すれちがい通信を行った他のハンターのギルドカードが登録されるぞ。なお、すれちがい通信で受け取ったギルドカードは郵便屋さんのギルドカードBOXの中に保存される。

『ギルドカード』はハンターなら誰でも持っている、いわば名刺のようなもの。
キャラクター情報の他にそのキャラクターがどんなハンター生活を送っているか、また現在の装備や武器使用頻度から生活日記までさまざまな情報が記載されている。

もちろんギルドカードは編集が可能。様々な条件クリアすると獲得できる称号を組み合わせてオリジナルの通り名を設定したり、自己紹介のメッセージや、キャラクターのポーズと背景を選択出来る。
自分なりの個性的なギルドカードを作っちゃおう。

「すれちがい通信」はそれだけでは無い。オフライン港の酒場エリアにギルドカードを交換したハンターがふらっと登場することがある。彼らこそが「ふらっとハンター」。
ふらっとハンターはそれぞれクエストを持っていて、依頼料を支払えばプレイヤーの代りにクエストへと旅立ってくれる。クエストから帰還したハンターから報酬を受け取ることが出来るぞ。
また、クエストを依頼する際にクエストに同行するハンターを増やすことが出来、クエスト成功の期待度を高めることが出来る。クエスト情報とギルドカードを確認し、難しいクエストなら同行ハンターを増やすのも良いだろう。

ギルドカードが集まれば、オフライン港もきっと賑わうに違いない。
狩友を集めて、レッツハンティング!!

【モンスターハンター3(トライ)G】
発売日:2011年12月10日(土)
希望小売価格:5,800円(税込)
プラットフォーム:ニンテンドー3DS
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(ローカルプレイ時:2~4人)
対応:ローカルプレイ、すれちがい通信
CEROレーティング:審査予定
(C)CAPCOM CO., LTD. 2009, 2011 ALL RIGHTS RESERVED.
公式HP http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/3G/

※ニンテンドー3DSの3D映像は本体でしかご覧いただけません。画面写真は2D表示のものです。
※3D映像に関して:3D映像の見え方には個人差があります。


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /