ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

この夏、アーケードゲームは新時代に突入する。SQEX【ガンスリンガー ストラトス】発表

 2012年01月11日

本日都内にて、株式会社スクウェア・エニックスが業務用関係者向けの特別内覧会を行い、アーケード向けの完全新作オリジナルタイトル【ガンスリンガー ストラトス】を発表した。



内覧会ではまず、株式会社スクウェア・エニックス 代表取締役社長、和田洋一氏が登壇し、来場者並びにニコニコ生放送を視聴しているユーザーにむけて挨拶を行った。
その中で和田社長は、コンシューマゲームを中心だったスクウェア・エニックスだが、近年のゲームハードが驚くほど表現力が高まった事を受け、今後のゲーム業界はコンシューマーが掘り下がっていく方向、オンラインに浸っていく方向、けっして家庭では出来ない様なゲーム体験へと拡大、分散していくのではないかと結論付け、タイトーをグループに加え5年ほど前からアーケードゲームに参入したと述べた。

アーケード参入第一弾となる『ドラゴンクエスト バトルロード』、続く新規タイトル『ロードオブヴァーミリオン』は共にトレーディングカードを使ったアーケードゲームだが、アーケードゲームの本流はやはりビデオゲームであるとし、ビデオゲームでアドレナリンがバンバン出るようなゲームをと今回の開発に至った。

和田社長からバトンを渡され登壇したのは、今作のプロデューサーであるスクウェア・エニックスの門井信樹氏。
プロモーション映像と共に今作のタイトルと筐体が発表された。タイトルは【ガンスリンガー ストラトス】。

往年のガンシューティングゲームを彷彿とさせる2丁の拳銃の付いた大型筐体だ。ジャンルを「オンラインマルチ対戦型ダブルガンアクションゲーム」とする本作を開発するのは、株式会社バイキング。アーケードではお馴染みの、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』を開発協力する「遊ぶ人たちが夢中で楽しめる凄いゲームを作り上げる」企業株式会社バイキングだ。

ゲームの内容をバイキング代表取締役であり、今作のディレクターである尾畑心一朗氏が説明する。
尾畑氏によると、今作のコンセプトテーマは「銃で撃ち合うことが最高に気持ち良い対戦ゲーム」であり、ゲームに対するこだわりを妥協することなく追求していると言う。
ダイレクトにゲームのスピードと迫力を伝えるために液晶ディスプレイでは無く、あえて60inchのプラズマディスプレイを採用。またオンライン対戦アクションゲームには珍しいフルHD,60fpsで動作する。

ここでゲームの内容について説明があった。
まずはプレイ人数だが、ゲームは4対4のチーム戦で行われ、同時にプレイ出来るのは最大8名となる。
バトルモードは4タイプあり、、ネットワークを通じて宣告のプレイヤーと対戦する「全国対戦」、店舗内の参加者とと仲間になり全国対戦を行う「店舗チームVS.全国対戦」、個人でCPUを相手に戦う「個人ミッション戦」、店舗内の参加者と優先的に仲間になり、CPUと戦う「協力ミッション戦」と、遊び方も多様だ。

続いて特徴的なコントローラー、「ダブルガンデバイス」について。
筐体にある2丁の拳銃のうち、左手に持つ銃には方向キー、右手に持つ銃にはジャンプ用のボタンが付いており、銃を画面にむけて構えつつキャラクターを移動させることが出来る。
このデバイスは組み合わせにより3タイプの銃器へ変化する。まずは両手に2丁拳銃で構える「ダブルガンスタイル」
二つのデバイスを左右に合わせた「サイドスタイル」では、ショットガンやマシンガンなど中型銃器に変化する。
デバイスを縦に重ねた「タンデムスタイル」はビーム砲や波動砲、ロケットランチャーなどの大型銃器を使用出来る。
このギミックだけでもかなり斬新だが、使用キャラクターによって使用する武器は異なる上、その数は数百種類にもなると言う。中には味方を守るバリアシールドや、体力を回復する回復銃などサポート型の銃もあると言う。
これらの銃器はゲームをプレイする事で溜まるポイントで交換することができ、追加課金などは一切ないとのこと。

こだわりはそれだけではない。
世界設定の原案を株式会社ニトロプラスの虚淵玄氏が担当。虚淵氏は最近ではTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』でも有名だ。
会場ではここでキャラクターと世界観について、虚淵からのメッセージがテロップ+音声型式で流された。
その中で、ガンスリンガー=拳銃使い、ストラトス=成層圏と言う意味で、つまり「空飛ぶ拳銃使いが出てくるお話」と説明。
残りのテロップの文章をまとめると、

「2115年、遠い遠い未来にそれぞれ違う歴史をたどった二つの日本、全然違う二つの並行世界が突如お互いに壊れて行ってしまう。
大切な家族や故郷、仲間たちを救うためにタイムマシンで100年前の2015年に戻って、ぶつかりあっているもう一つの歴史の可能性を消し去ってしまおうと現代の日本にやってくる。しかしそこには自分と同じ顔をした考え方も喋り方もそっくりな瓜二つの双子みたいな敵が存在した。それは消し去ってしまおうとしていた並行世界から同じ様にやって来たもう一人の自分だった。」

と言うストーリーになっている。

2015年の日本が舞台と言うことで、普段見慣れた実在する都市がステージとして登場する。今回の内覧会では渋谷ステージが公開されたが、北海道から九州まで幅広く登場させたいと話した。
また、都市に存在する建物は、大型の銃器などでことごとく破壊されていく。破壊されることで地形は変化するので、多様な戦略が求められる。

キャラクターデザインも豪華な布陣だ。
セガの『BAYONETTA』、カプコンの『大神』のキャラクターデザインを担当した島崎麻里氏、TYPE-MOONの『Fate/EXTRA』キャラクターデザインのワダアルコ氏、Bones制作のTVアニメ『HEROMAN』ガイナックスの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で知られるコヤマシゲト氏の3名がキャラクターデザインを務める。
(※1月13日修正:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』はガイナックスではなくスタジオカラーによる制作のものでした。訂正してお詫び申し上げます。)

ステージにはそのキャラクターに命を吹き込む声優陣が3名登場。主人公風澄徹を演じる阿部敦さん、ヒロイン片桐鏡華役 金元寿子さん、竜胆しづね役 植田佳奈さんが登場した。
アフレコの様子について、並行世界の自分に対する掛け合いとか、普段のアフレコではあまり経験しない様な内容だったと話した他、ゲームに期待するユーザーにむけてコメントを残した。
普段からゲームセンターへ足を運ぶ阿部さんからは、「一ユーザーとして期待している。是非ゲームセンターでお会いしましょう」と話した。
金元さんは「アーケードゲームとは思えないほどキャラクターが豊かなので、そこから入っても良いし、『あ、この街知ってる』と言うような入り方でも良いと思う」と話し、ゲームを楽しむプロである植田さんも「アーケードには珍しいやり込み要素の強いタイトルで、チームでプレイできるのが魅力。友達と一緒にプレイするのが楽しみ」と話した。

キャストが降壇し、ステージには再び和田社長が登場。今作を盛り上げる要素として賞金付きゲーム大会『ガンスリンガー ストラトス バトルアリーナ』の開催を宣言した。
賞金額や詳しい内容は発表されなかったが、これは大いにアーケードゲーム業界を盛り上げてくれそうだ。
ゲーム大会と言うことでステージには引き続きプロゲーマーである「ウメ」こと梅原大吾氏が登場。和田氏の発表に心を熱くした様子で、事前にプレイした感想を語っていた。
「開発メーカーが主催して賞金が出るゲーム大会は日本で初めて。これはきっと大いに盛り上がるだろう」と話し、「アーケードゲームの波は10年に1度の間隔でやってくる。このゲームは確実にその波だと思う。この機会を逃したらアーケードゲームに触れる機会はまた10年後になってしまうかもしれない」と期待を込めて話した。

(注釈だが、ゲームメーカーが主催して賞金が出たゲーム大会はこれが初めてでないない。過去に株式会社コンパイルが主催した『ぷよぷよ通』のゲーム大会などがある。)

梅原氏が言うように、確実にアーケードゲーム業界に波を起こすだろうスクウェア・エニックスの【ガンスリンガー ストラトス】。この夏の稼働と、続報を待とう。

【ガンスリンガー ストラトス】
ハード:アーケード
ジャンル:オンラインマルチ対戦型ダブルガンアクションゲーム
プレイ人数:1人~8人
プレイ料金:未定
稼働日:2012年夏稼働予定
ティザーサイト:http://www.square-enix.co.jp/new_arcade/
(c)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード