ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

異例のコラボ!【ポケモン+(プラス)ノブナガの野望】完成発表会レポ

 2012年01月19日

本日都内にて、株式会社ポケモンと株式会社コーエーテクモゲームス初の共同制作ソフト、【ポケモン+(プラス)ノブナガの野望】の完成発表会が行われた。その模様をレポートする。



世界中の子供たちを魅了する人気タイトル『ポケモン』と、歴史ブームを引き起こした元祖とも言うべき、『信長の野望』が異色のコラボレーション。株式会社ポケモンと株式会社コーエーテクモゲームスが初の共同制作で送る【ポケモン+(プラス)ノブナガの野望】が3月17日に発売することに先立ち、本日都内にて完成発表会が開かれた。

ステージ上には株式会社ポケモンの石原恒和社長と、株式会社コーエーテクモゲームスの代表、シブサワ・コウこと襟川陽一社長が登場。
電撃発表から異色のコラボと称されてきた本作の完成までの経緯を語った。
それによると、会合などで顔を合わせる中で、お互いで「いつか一緒に何かやりたいね」と話すことがあった。なんと石原社長は『信長の野望』の、襟川社長は『ポケモン』のファンであった事も判明。話は一気に加速し、3年ほど前のある日、襟川社長の方から具体的に今回の話を持ちかけたと言う。
石原社長は「『信長の野望』の一番初めに触ったのは、1983年のPC-8801版のころ。コーエーテクモゲームスさんには『無双』シリーズなどなどさまざまな人気タイトルがありますが、襟川社長と言うよりも『信長の野望』のシブサワさんとやるのなら、『信長の野望』しかないと、今回のコラボをお願いしました。」と話した。

そんな対極にあるとも言える二つのタイトルには不思議な共通点があるとの事。 先ほど話に出た、初代『信長の野望』は中部地方を舞台とし、17の国の武将が闘う内容であるのに対し、シンプルでありながらも絶妙なバランスである『ポケモン』の属性も17種類であった。発売日が3月17日なのも有る意味不思議な共通点とも言えるだろう。
またそれとは逆に、『ポケモン』に出てくるトレーナーの名前はサトシ、タケシ、カスミなど3文字であることが多く、シゲルやヒロシなど、任天堂を代表する人物の名前が採用される事も多かった。しかし石原社長の"ツネカズ"は4文字であるが故採用されることは無かった。
逆に『信長の野望』に代表される戦国武将は4文字名の武将も多く、石原社長は今度こそ自分が登場できるのでは?と期待を含めて話していた。ファンにとっては4文字名のトレーナーが登場する『ポケモン』は今までとちょっと違って新しく感じるのではないだろうか?

「難しい物に立ち向かっていく、知的なゲームが好き」と話す石原社長は、「僕にとっては正当なコラボ」と話している。
「今回初めてポケモンがシュミレーションゲーム(SLG)になります。ポケモンファンの中にはこのゲームで初めてSLGに触る人も多くいるでしょう。そんなポケモンのファンにSLGの楽しさを知ってもらいたい。古くからのSLGファンにも「手ごたえあるね」と言ってもらえるものにしたいし、全年齢対象でSLGを遊んで欲しい。」と深い思いを語った。

ここで今作のプロデューサーである鯉沼久史プロデューサーが登場。詳しく話を聞いていく。
今回の開発チームを編成するに当たり、「もちろんコーエーテクモの中にもポケモンファンは沢山います。そんなポケモンを愛するスタッフと、SLGに深く携わってきた人を集めて開発を進めました。どちらのゲームのファンにも納得してもらえると思います」と自身のほどをうかがわせた。

ポケモンと戦国時代。合わせるにも相反しそうな2つの世界観について「ポケモンは架空の世界を旅するファンタジー。戦国時代は史実に登場するわけですが、現代人にとっては戦国時代もある種のファンタジーと捉えても良いのでは?」と最もな答え。
ストーリーの展開も『ポケモン』はジムリーダーと戦いバッジを集めて行くのが一つの核となっていて、『信長の野望』も武将を一つ一つ討伐し進めて行く似たような進行形式にあると言う。
そう言った意味ではまるでジムリーダー戦を行っている様な感覚でゲームを進めていけるだろうと話した。

ここで開発ディレクターの三枝修氏が登場し、実機を使ってプレイして見せる。
今回見ることが出来たステージでは、クリア条件に「はたを全て取る」とあり、全ての敵を倒さなくても、フィールドにある旗を全て取ることでもステージはクリアするとの事。

またポケモンはそれぞれ技を備えており、例えばポカブの「ほのお」の様にほのおタイプの技なら、くさタイプのポケモンに「こうかはばつぐん」で大ダメージを与えることが出来る。
ポケモンの醍醐味の一つと言えばやっぱり進化。登場するポケモンは条件を満たせば進化することがあることも判明。
武将も『戦国無双』などからすると数は減るものの多数の武将が登場するそうで、キャラクターデザインも『戦国無双』のチームが行ったとの事。
戦闘以外にも『信長の野望』で言うところの内政コマンドの様に城下町を発展させたり、フリーの武将を派遣したりなど、SLGとしての作り込みも十分されている。

ここで初回限定特典について発表が。
なんと今作の初回限定特典にはポケモンカードゲームBWのオリジナルカード「ノブナガの黒いレックウザ」が付いてくる。色違いポケモンのレックウザの後方にはノブナガの影が。またタイプも1月27日発売のシリーズから新たに登場する「ドラゴンタイプ」。ここでしか手に入らないレア中のレアカードだ。

さらにグッズ展開も行われ、ポケモン+ブショーを忠実に立体化した今までにない「フィギュア」、表がブショーで裏がポケモンの「根付ストラップ」、「和紙風メモ」、「てぬぐいハンカチ」、「miniクッション」、「タンブラー」が発表された。

最後に3者からコメント。
「異例のコラボレーションと言われているのですが、僕としては正統なコラボレーションだと思っています。みんなが楽しめるゲームができたと思っています。」と石川社長。

「ポケモンファンの方にも、シミュレーションゲームは初めてという方にも、古くからのシミュレーションゲームファンにも楽しんでいただけるように作りました。また通信対戦機能も出来ますので、是非友だちどうしで、親子で楽しんでいただきたい。」と襟川社長。

鯉沼氏は「遊びやすいシュミレーションゲームになりました。もちろんみなさんがお持ちのニンテンドーDSだけでなく、3DSでも遊べますので、是非プレイしてください」と話し発表会は終了・・・と思いきや、「シブサワさんが本当はコスプレして登場しよう。僕は甲冑着るから石原さんはピカチュウで」と言っていたんですよ。と暴露する石原社長。「さすがにそれは誰も喜びはしないだろうから」とここでスペシャルゲストにバトンタッチする。

ゲーム内に登場し、重要な役どころを占めると言う"オイチ"のコスプレとパートナーポケモンの"プリン"を抱えてアッキーナこと南明奈さんが登場。
小学校のころからポケモンが大好きで、今でも撮影の合間等にプレイしていると言う南さんは、残念ながら『信長の野望』は未プレイ。
このタイトルを聞いたときにも「『ポケモン』はカワイくて、『信長の野望』は男臭いイメージなので、どうやってコラボするのか想像できなかった」と話したが、先だってプレイした感想を聞かれると、シンプルだけど奥が深く、解りやすい作りでした。必ず幅の広い年齢層に楽しんでもらえるゲームだと思います」と話した。
また「勉強は大嫌いなんですよ」と話す南さんは「歴史は全部『戦国無双』で学んだ」と話すほどの『戦国無双』好き。今作もカッコイイ武将が登場するからと今から興味深々だった。

南さんのトークが終了した後、写真撮影のため再び石川社長、襟川社長、鯉沼プロデューサーが登場。記者からの質問に対応した。
それによると、プレイ時間はメインエピソードが20時間位。それ以外にフリーシナリオがあるので200時間は遊べるとのこと。また登場するポケモンの数も200体を超えるとのなので、かなりのボリュームであることがうかがえる。

異色のコラボの真相はだれでもが楽しめる全年齢向けのシュミレーションゲームだった。ニンテンドーDS用、株式会社ポケモンと株式会社コーエーテクモゲームス初の共同制作ソフト、【ポケモン+(プラス)ノブナガの野望】は2012年3月17日(土)発売予定。

【ポケモン+(プラス)ノブナガの野望】
発売/販売:株式会社ポケモン
制作:
株式会社ポケモン
株式会社コーエーテクモゲームス
対応機種:ニンテンドーDS
ジャンル:シミュレーション
プレイ人数:1人(通信プレイ時2人)
通信機能:DSワイヤレスプレイ対応(対戦)
発売日:2012年3月17日(土)
希望小売価格:5,800円(税込)

●ニンテンドーDSソフト『ポケモン+ノブナガの野望』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/ranse/
(C)2012 Pokemon. (C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)2012 コーエーテクモゲームス
ポケモンは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /