ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

本日オープン!! カプコンバーに行ってきた。レセプションレポート

 2012年01月25日

カプコンのゲームに囲まれた空間で、お酒と料理を楽しめるスポット、カプコンバーが本日1月25日(水)にいよいよオープン。それに先立ち行われたレセプションに参加したので、その様子をレポートする。



関東を中心に【癒し】と【寛ぎ】をテーマに「都会のオアシス」を演出するパセラリゾーツ。
中でも「秋葉原パセラ昭和通り館」では、様々なゲームやアニメをモチーフにしたコラボルームを用意し、TVや雑誌でも幾度となく取り上げられている。
同じようにゲームやアニメをイメージした料理やドリンクなどを提供するコラボレーションフェアを開催されるなど、巷ではおなじみのカラオケパセラと、カプコンが新たな展開を見せる。

東京・新宿にあるパセラリゾーツ新宿本店の1Fにエンターテイメントコンセプトバー、【CAPCOM BAR(カプコンバー)】が本日日1月25日(水)にオープンする。
それに先立ち行われたレセプションにGameJamも参加したので、その様子をレポートする。

1Fカラオケフロントの脇にある、漆黒の扉の先にゲームファンのオアシスがあった。店内をざっと見渡すと目につくのは壁という壁に備え付けられたいくつもの大型ディスプレイ。そこにはカプコンの最新タイトルが映し出されていた。
ここ【カプコンバー】では、カプコンのコンセプトバーというだけあって、人気タイトルとコラボレーションしたフード・ドリンクを楽しめるのは勿論、店内のいたるところにカプコンテイストが施されている。
また、店内にはPS3・Xbox360が用意されており、お酒を楽しみながら実際に最新ゲームを試遊することもできる。
まさにフードもドリンクも、この空間すべてがカプコンワールドになっているのだ。

今回はオープン前のレセプションということで本番さながらの注文方式、オペレーションを体験することができた。
まずメニューだが、24のフードメニュー、30のドリンクメニューのすべてがカプコンゲームのコラボレーションメニューになっており、『バイオハザードシリーズ』、『逆転裁判シリーズ』、『戦国BASARAシリーズ』、『モンスターハンターシリーズ』のメニューが楽しめるようになっている。中にはこれまでパセラとカプコンが行ったコラボレーションの際に登場したメニューもいくつも見ることができた。あの時食べ損ねたメニューや、思い出の味を堪能することができるだろう。
メニューは今後も追加されていくとのこと。また最新タイトルの発売に合わせた期間限定メニューなども予定しているとのこと。

当日レセプションに参加した各編集者も、好きなだけ飲んで食べて良いというパブリシティ企画推進室室長「ハギとこ」でおなじみ“ハギー”こと萩原良輔室長のお声掛けのもと時間の限り注文する。
注文方法は各テーブルごとになっており、入店時に渡されたオーダーシートにテーブルナンバーと注文したいメニューの数量を記入していく。また会計もテーブルで行われる。

とにかく登場する料理という料理がゲームファンの心をくすぐる。
「白黒ハッキリさせよう 魚介のクリームパスタ ¥880(逆転裁判)」「ユクモ村特産品の温泉卵のカルボナーラ。 ¥1,180(モンスターハンター)」などまるでイタリアンレストランのような本格パスタや、「猿飛佐助 甲賀手裏剣のカツ丼 ¥780(戦国BASARA)」「大江戸戦士トノサマン "大江戸アナゴ押し寿司" ¥580(逆転裁判)」といったご飯ものなど、しっかりとお腹を満たしてくれるメニューはもちろんのこと、「トウフ・モード ¥680」ではあのトーフモードよろしくナイフ一本でいただいたり、パーティーにもってこいの「成歩堂龍一のハッタリで乗り切れ!ロシアンタコ焼き ¥530(逆転裁判)といった、思わずゲームファンが喜んでしまうメニューばかりだ。

ドリンクも負けていない。注射器に入った「T-ウイルスワクチン ¥780」「G-ウイルスワクチン ¥780」(共にバイオハザード)や試験管に入った貴重な「古龍の血 ¥730(モンスターハンター)」など、味も見た目でも楽しめる本格カクテルがいっぱいだ。
もちろんお酒が得意でない人にオススメのソフトドリンクもカプコン仕様になっている。

オトナのゲームファンのよりどころ【カプコンバー】では、もちろん携帯ゲーム機を持ち込み店内でプレイしてもかまわないとのこと。最新作『モンスターハンター3(-tri)G』を持ち込んで、【カプコンバー】で新たなハンター仲間が見つかるかもしれない!?

メニュー以外にも楽しさ満点。【カプコンバー】には2つのスタンプカードが用意されている。
スタンプカードは来店する毎に1つ押してもうことができ、5つのスタンプを集めると、オリジナルメダルを1つプレゼントされる。
フードマスターカードはフード・ドリンクメニューを注文する毎に押印され条件を満たすと、ここでしかもらえないスペシャルグッズがもらえるぞ。

開店前から前評判の高い【カプコンバー】だが、残念ながら予約は行っていないとのこと。またより多くの人に楽しんでもらえるよう、入店時間が決められており、120分の入れ替え制となっている。90分経過後がラストオーダーだ。

入店時間は以下の通り。
A・12:00
B・14:30
C・17:00
D・19:30
E・22:00

各回共に定数は32名で、当日開店前に整理券を配布する。
月~金はB・14:30の回からスタート。
整理券の配布開始時間は以下のとおり。
月~金:13時~
土・日・祝日:11時~
なお、整理券の配布は一人4枚まで。
空席情報・整理券配布情報は随時オフィシャルtwitterにて告知していくとのこと。
https://twitter.com/#!/capcom_bar

また、都の条例により、16歳未満の方は17時以降の回には入場することができない。アルコールの販売には身分証明書を確認する場合もあるほか、車で来店の際はアルコールの提供はできない。当然徹夜での待機は禁止されている。

最後に、萩原室長がこの【カプコンバー】を「最低1年は続けたい。もちろんその後もずっと続けていきたい。永遠に続けられるカプコンバーにしたい」と述べていたことを伝えておく。
カプコンゲームのファンのみならず、すべてのゲームファンにとって。またオトナが遠慮なくゲームの世界を楽しめる社交場として、この【カプコンバー】が末永く続いてくれることを期待する。

きっと満足できるオトナのゲームバー【CAPCOM BAR】は本日日1月25日(水)オープン。

カプコンバー:http://www.paselabo.tv/capcombar/

(C)CAPCOM
http://www.capcom.co.jp/

パセラリゾーツ新宿本店
〒160-0021
新宿区歌舞伎町1-3-16
お問い合わせ
FreeDial:0120-706-733(携帯可)
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩5分、
区役所通り、区役所隣
http://www.pasela.co.jp/shop/shinjuku/index.html


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード