ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【Kinect スター・ウォーズ】発売直前イベントレポ

 2012年04月04日

いよいよ目前に迫った【Kinect スター・ウォーズ】の発売。その前日、新宿タカシマヤ タイムズスクエア1 階の特設会場にて【Kinect スター・ウォーズ】発売記念イベントが開催された。



日本中を低気圧インパクトが襲った翌日。昨日で良かったと一同が胸を撫で下ろす中、うって変わって相応しい青空のもと、【『Kinect スター・ウォーズ』発売記念イベント】が開催された。

ステージ上のディスプレイではCM3種が上映され、BGMはジャズ調のスター・ウォーズのテーマが流れる。
ちなみにこのCMは映画を見事にパロディしており、プレイヤーが映画の中に入り込んでいるといった設定。ファンならどの映画のどのシーンかも想像がつくだろう。これは本場ジョージルーカススタジオからもOKが出ているユーモラスなCMだ。

定刻となり、控えめだったジャズから一転、お馴染みの、堂々たるスター・ウォーズのファンファーレと共に開幕。まずは日本マイクロソフト社長樋口泰行氏より挨拶とともにKinectと本作品についての紹介があった。

「”モーションセンシング技術”を元にした、身振りや手振り・骨格を感知しコントローラー無しでゲームを楽しめるKinect。昨年の秋から多岐ジャンルでタイトルを8本発表したが、その中でも特に昨年12月の「Kinect ディズニーランド・アドベンチャーズ」 、今年の3/22に発売した「Kinect ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー」では、女性とお子様に大変好評を頂いている。
そして今度はお父さん達にも楽しんでもらえるビックタイトル、【Kinect スター・ウォーズ】がいよいよ明日発売となる。
プレイヤーがジェダイになれるジェダイ デスティニーモードを初め、5つのモードでスター・ウォーズの世界をリアルに再現。Kinectによる操作で、まさに映画の世界に入り込んだかのような一体感、アクションへの没入感を幅広い世代に楽しんでもらいたい。」
とのコメントがあった。お父さん達は勿論、スター・ウォーズファンには堪らない、そして待ちに待ったこの日ではないだろうか。

開発メンバーである海外スタッフのコメントも、映画のメイキングさながらのビデオ映像で上映された。

「このゲームはコントローラーを使わない、Kinect初のスター・ウォーズタイトルとなる。メインモードといっても過言ではない「ジェダイ デスティニー・ダークサイドの台頭」モードはゲームには外せなかった。プレイヤーがジェダイ・パダワンとなり、ヨーダから修行を受けたりライトセーバーやフォースを駆使することにより、映画に負けない活躍が出来る。」
「勿論、スター・ウォーズでお馴染みの乗り物も揃っている。ランコアになって街で大暴れすることもできる。」
「家族で楽しめるのはギャラクティックダンスモードだろう。作中、ジャバ・ザ・ハットの前でのダンスシーンがヒントになって生まれたモードだ。」
「各種モードによりいろいろなスター・ウォーズが楽しめる為、一人一人お気に入りが見つかるのではないか。」

等々、各モードについて熱いコメントがよせられていた。

そしてゲストを迎えてデモプレイ。お笑い芸人の麒麟のお二人と、芹那さんが登場。麒麟の川島さんはジェダイの格好、そして芹那さんはダースモールのお面をかぶって登場。それに対決するは、ダースベイダーとストームトルーパー軍団。おなじみの呼吸音、ダースベイダーのテーマとともに登場!かなりの迫力である。

麒麟の川島さんはデュエル オブ フェイトモードでゲーム中のダースベーダーと1分間のバトル!との事で、日本で初めに【Kinect スター・ウォーズ】をプレイした芸人の威信をかけてプレイした。が・・・完敗。ダースベイダーはやはり強かった。
「実際に連動するのがやはり楽しい。こっちは簡単なアクションをしているのにゲーム中では格好良く動いて気持ちよくプレイ出来る。リアルにもうちょっと練習する時間が欲しかった。」と悔しそうだった。
田村さんも「すごい迫力。コントローラーの操作ではなく実際に動いて操作するので応援する側も楽しいしスポーツの試合を見ているような気分。」とコメントしていた。

そして芹那さんは「ギャラクティックダンスモード」に挑戦。このモードは画面上のキャラクターの動きに合わせてプレイヤーが同じようにポーズをとりダンスをするというモード。「先日までダンスで食べていたもので、まかせてください!」とこちらもSDN48卒業生の威信をかけてトライである。元SDN48のメンバーなら確かにダンスはお手の物だろう・・・と思いきや、曲が始まると同時にあれよあれよと動きがずれだす。「ちょっと、難しい!実はダンス、苦手で!みんな一緒にやってください!」と麒麟のお二人を巻き込み「新たなユニットみたいじゃないですか?!」と会場を和ませ楽しませた。

また、樋口氏からは「Xbox 360 320GB Kinect スター・ウォーズ リミテッド エディション」についても紹介があった。
【Kinect スター・ウォーズ】のソフトとKinect、そして限定デザインのXbox 360が同梱された数量限定のスペシャルパッケージ。
早くも予約がいっぱいとの事も頷ける、本体がR2-D2カラー、コントローラーはC-3POカラーなのである。しかも、電源ボタン、ディスクトレイのOPEN-CLOSEのボタンでR2-D2の声がする!これは無意味に喋らせたくなる仕様!
しかもハードディスクの容量はXbox 360製品中最大の320GB。Xboxデビューするには充分、かつ最高のスペックとデザインなのではないだろうか。個人的にもかなりお勧めである。まだ間に合うお店もあるとの事、気になる方は是非お店に急いで欲しい。

ゲームが苦手でも、体を動かすという操作により誰でも簡単にプレイ出来てしまうKinect、そして【Kinect スター・ウォーズ】。マイクロソフトとしても力を入れていきたいとのこと。
2日早く発売されたアメリカでは既にに盛り上がっているそうで、日本でも明日から各地でジェダイが続々と誕生するのではないだろうか。

【Kinect スター・ウォーズ】
タイトル表記: Kinect スター・ウォーズ
日本語カナ読み: キネクト スター・ウォーズ
発売元: Microsoft Studios
国内発売元: 日本マイクロソフト株式会社
開発会社:LucasArts, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd.、Terminal Reality、 Microsoft Studios
発売予定日: 2012 年 4 月 5 日 (木)
希望小売価格: 5,880 円 (税抜 : 5,600 円)
ジャンル: アクション
対象年齢 (CERO): C (15 才以上対象)

LucasArts and the LucasArts logo are registered trademarks of Lucasfilm Ltd.  (C) 2012 Lucasfilm Entertainment Company Ltd. or Lucasfilm Ltd. & (R) or TM as indicated.  All rights reserved. (C) 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Kinect, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies.


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /