ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』完成発表会】~記憶を無くした7次元先の女の子を助けたい!~

 2012年04月26日

本日発売。アルトネリコシリーズ等でお馴染みのガストが放つ新作【シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~】の完成発表会が4月11日、コーエーテクモゲームス日吉本社にて開催された。



「7次元コミュニケーション」という異色のジャンル名を唱える【シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~】。
遥か七つの次元を越えた先に存在する世界。記憶を無くし、たった一人で生活しているイオンという女の子とプレイヤーは端末(PlayStation Vita)を介し、生活時間を共有しながら、彼女の無くした記憶を取り戻していく。
そんな不思議で幻想的で、かつ美しい絵本の様なゲームの完成発表会が開催された。

<<両社社長が共に期待の【シェルノサージュ】>>

本作はガストがコーエーテクモグループに参加して初の新作という事で、両社共に期待のこもった第1作目となる。
アルトネリコシリーズのディレクターでもある土屋ディレクターが、土屋氏だからこそ出来る独特の世界観・切り口で創り出した新しいゲームとの事。「7次元コミュニケーション」を軸としたゲームをお楽しみ頂きたいと、コーエーテクモの襟川陽一社長から挨拶があった。

また、ガストの青柳和男社長からはユーモアたっぷりに開発エピソードが語られた。
最初に【シェルノサージュ】のプロジェクトを聞いたのは2010年の頃だそうで、土屋氏が社員を集めて「コミュニティとゲームの融合」というコンセプトで熱く語っていたのが印象に残っていたそうだ。青柳社長としては「当時は”難しいプロジェクトになりそうだなあ”と思っていた(笑)」とのこと。
しかし暫くして、プロジェクトチームが意気消沈してしまったそうだ。想定していたハードのスペックを調査したところ、実現出来そうに無いと分かったかららしい。企画自体を諦めるか迄悩んでいたそうだが、それからしばらくしてPlayStation Vitaが発表され、「シェルノサージュの為に生まれたハードだ!」と開発陣は大喜びし、土屋プロジェクトチームは息を吹き返したという。
「ばたばたしつつもお蔭様でなんとか完成した。今迄のコンシューマータイプには無かった新しい遊び方を是非楽しんで欲しい。」とにこやかに語る青柳社長からは完成の喜びと安堵感が感じられた。

<<ディレクター土屋氏「心境は”いよいよ世界の幕開けだな”という感じ」>>

ここでディレクター、土屋暁氏が登壇。ゲームの説明や心境等が語られた。
4月26日の発売日を前に「いよいよ発売だな」というより、「いよいよ世界の幕開けだな」という心境だという土屋ディレクター。
「【シェルノサージュ】は"コミュニケーション"を一番念頭に制作しているが、それには"キャラクターとプレイヤー","プレイヤーとプレイヤー","プレイヤーと開発"という3つの意味がある。この3つを主軸とした今までにない形の楽しさを提供したい。」との事。

「世界の幕開け」とは、確かに既存のゲームの発売前とは一味違う心境である。そして3つのコミュニケーションとはーーー

【シェルノサージュ】は大きく2つのパートで出来ている。
「記憶を無くした少女イオンとの”コミュニケーションパート”」と、「イオンの心の中を修復する”廃墟修復パート”」である。

前者「コミュニケーションパート」は、プレイヤーと7次元先の世界に存在するイオンが、ライブカメラを通じてお互いにコミュニケーションをとるパートである。
イオンは24時間サイクルで生活しており、ご飯を食べていたり、作業をしていたり、夜だったら寝ていたり、お風呂に入るところだったり、と、Vitaを起動しているといろんなシーンを見ることが出来るとの事。画面をトントンと叩くとイオンがこちらに気付き、会話出来るようになっている。一緒に生活するにつれ、プレイヤーの行動次第でイオンは段々と心を開き、深い絆で結ばれていくのだという。
プレイヤーはそうしてイオンとの絆を築きつつ、イオンに自分が何者なのか思い出させてあげる事が使命なのだ。

「夢セカイ」はイオンの心の中。後者「廃墟修復パート」でイオンの心を癒す(心の中の廃墟を修復する)事により徐々に記憶を取り戻すのだという。その為に、シャールという妖精の出番である。
プレイヤーは現実世界のバーコードをVitaで撮影する事によりシャールを創造できる。バーコードにより、性格も容姿もパラメータも違うシャールが誕生するのだ。
また同じバーコードで出来たシャールはプレイヤーが共有しており、他のプレイヤーのシャールに手伝ってもらう事も出来る。つまりプレイヤー同士はシャールで繋がる事となる。

また、記憶を取り戻したイオンは、記憶にちなんだアイテムを作成出来るようになり、新たなコミュニケーションが取れるようになる。今迄出来なかった会話が出来たり、特別な場所に行けたり。特別な場所~デートスポット~ではいつもより濃密なコミュニケーションが取れるとの事。本邦初公開となったのはVitaを縦にするとイオンの全身が表示されるという点である。「全身タッチしまくりのお楽しみモードでもある」そうで、男性陣には楽しみな機能ではないだろうか。
アイテムやデートスポットは無料配信のコンテンツでも増えるそうだ。開発とも繋がっている、というわけである。

以上の「3つのコミュニケーション」により、イオンがどのような道筋を辿ってこんな状況に陥っているのかが段々と明らかになってくる。章が終わる毎に詩が1つずつ完結していくとのこと。土屋ディレクターらしい幻想的な世界観である。

<<イオン役 加隈さん、キャス役 水瀬さん、カノン役 井ノ上さん 登場>>

ここで、本作の登場キャラクターの声優さんたちが登場し、土屋ディレクターと共にトークショーとなった。
キャストの皆さん達曰く、いろんなイベントをしてきたけれどあっという間だったなあ、との事。にぎやかに各キャラクターの感想やゲームについてのトークが繰り広げられた。

イオン役 加隈亜衣さん

 ・イオンについて
おっとりした恥ずかしがり屋さん。でもストーリーパートでは自分から一生懸命頑張る子です。その努力が空回りしてしまうことも。可愛い子なので応援して欲しいです。
・ファンの方々へ一言
コミュニケーションパートなど、皆さんで繋がれるので、いろんな方々に愛されて作られた【シェルノサージュ】を長く一緒に楽しんで欲しいです。
 キャス役 水瀬いのりさん
 ・キャスについて
テンションが高くて、つんつんしていたり、機嫌が悪かったり。好きな男の子にやきもちを焼いてか新参のイオンをなかなか仲間として認められなかったりと女の子らしい一面を覗かせたり、一番女の子らしいおませさんかも。
・ファンの方々へ一言
世界観がすごく壮大です。Vitaをまだ持っていない方も(私も笑)是非GETして皆で楽しんでください。
カノン役 井ノ上奈々さん
 ・カノンについて
凛々しい感じの女性です。イオンは天文派という派閥の後継候補なのに対し、カノンは地文派という後継候補。同じものを目指しているが歩んでいる道が違う。イオンを心配しているけれど、一応ライバルだから助けてあげられないという感じ。背負っているものが桁違いな子です。
・ファンの方々へ一言
シナリオパートは割とシリアスに進みます。でもデートパートはすごい事になっていますので(笑)皆さんも楽しみにしていてください。

毎週火曜日20時から、ニコニコ動画、ユーストリームで放送されているコウエイテクモライブでは、4月24日に土屋ディレクターと加隈さんが出演するので是非この話の続きを楽しんで頂きたいとのことだった。

<<プレイヤーと開発のコミュニケーションは続く>>

土屋ディレクターからも更にコメントがあった。
「いよいよ始まったなあという感じです。発売して終わりではなく、末永く楽しんでもらえる物だから士気をあげて頑張っていこうと思う。」との事。

また、オフィシャルイベントについても発表があった。
7月1日「ガストガーラ アトリエ&シェルノ」(大宮ソニックシティ 大ホール)とのことで、アトリエシリーズ、そして本作【シェルノサージュ】についてのイベントが開催される。今後の詳細情報等続報は公式サイトにUPされると事。ガストファンは必見。情報をチェックして欲しい。

タッチパネルや通信等々、PlayStation Vitaの機能をフルに活用する【シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~】。その新しい「7次元コミュニケーション」が本日より体験出来る。

【シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~】
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:7次元コミュニケーション
■発売日:2012年4月26日
■希望小売価格:5,040円(税込)
公式サイト:http://surge-concerto.jp/ciel/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /