ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】完成記念プレス発表会レポ

 2012年04月26日

4月13日、都内にて『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ 完成記念プレス発表会』が行われた。【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】とは本日4月26日(木)発売のPlayStation3/Xbox360対応のホラーアクションアドベンチャーゲームである。



まずはパブリシティ企画推進室室長の萩原良輔氏が登場し挨拶から。
「2012年度ゲーム業界としてもカプコンとしても大きな仕掛け、大きな発表をドンドンとこの荒波の中大きく胸を張って戦って行きたいと思います。この会を是非13日の金曜日にスケジュールを合わせようと大変でしたが、今日は是非楽しんでいってください」とコメントした。

続いてプロデューサーの川田将央氏が登場し「本作の発売が差し迫ってきているこの13日の金曜日、今日は新しい情報と魅力というものを私の方から、開発スタッフの方から説明させていただきたいと思います」とコメント。そのまま川田氏より以下のように本作の説明があった。

「今回の【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】はサバイバルシューターとして開発しています。今までとは違いサードパーソンシューターを大胆に取り入れたゲームとなっています。シューティングアクションと爽快感を追求し、既存のTPSにはないバイオハザードらしい様々な要素を取り入れた内容に仕上がっています。
魅力として様々なキャラクタがー登場するが、ダークなイメージで統一された悪側の視点で描かれたストーリーが今回は主体です。このキャラクターたちのチーム名は『U.S.S.』といい、バイオハザードではおなじみのアンブレラ社に雇われたチーム。この6人には職種・アビリティが以下のように存在しています。」
・『Vector』:偵察兵。スピーディーな動きが特徴でステルス能力を備えている
・『Lupo』:突撃兵。U.S.S.のリーダーとなっており、高精度の射撃から格闘までこなす戦闘のエキスパート
・『Four Eyes』:BC兵。冷酷なキャラクターで目元が涼しげで可愛らしいキャラだが、冷静沈着でゾンビの専門家
・『Beltway』:工作兵。大柄で爆発物を得意とするキャラクター
・『Spectre』:通信兵。かたつむりのような目がとんがったレンズのようになっている特殊な顔をしたキャラだが、索敵能力に優れているスナイパー
・『Bertha』:衛生兵。金髪の銃を構えたキャラで、救護のスキルに優れていてチームに欠かせない回復させてくれるキャラ。性格自信は残酷で常に鉈を持って行動するようなアンバランスというか反作用的なキュラに仕上がっている

本作はバイオハザード2のシナリオをアンブレラ側から描いたものとなり、ラクーンシティの表舞台に立っているクレアやハンクなどももちろん登場する。

続いてオンラインチーム戦の紹介へ。『U.S.S.』vs.『SPEC OPS』vs.『クリーチャー』という三つ巴の戦いとなるオンライン対戦システムとなり、TPSとして楽しんでいただけるよう充実したオンラインモードを用意しているという。
マルチモードは4vs.4の8人での対戦が可能となっており、プレイヤーだけじゃなくゾンビやリッカーとも戦わねばならない過酷なモード。
ヒーローズモードは歴代のバイオハザードキャラを使用できるシステムであり、ファンなら見逃せない夢のオールスター戦が実現できるモードとなる。

さらに、今作では善側のアメリカ側の特殊部隊である『SPEC OPS』視点でキャンペーンで遊べるダウンロードコンテンツを今後配信することが川田Pから発表され、その場でスタッフによるプレイが行われた。
ファーストミッションの内容は『アメリカ軍の政府軍の中でも優秀な揃えられた『SPEC OPS』のエコーシックスメンバーだが、ラクーンシティの情報がない中で戦っていく。街に潜入するとゾンビと初遭遇し戦闘をしながら事実を突き止めていく』という形になっている。
服がバラバラなのはアメリカ軍の様々なチームから編成されているためであり、チームとしては今までの『S.T.A.R.S.』のようなイメージ。戦闘中に偵察兵のスキルして透明になったり、スナイパーとして熱感知をしたり、BC兵がゾンビを一箇所に集めるフェロモンを出したりと今までのバイオシリーズとは違うハイスピードなアクション性がプレイ映像から見ることができた。
このファースト・ミッションは5月15日に無料配信が決定。今後も追加マップやエピソードをダウンロードコンテンツとして配信予定とのことだ。

<タイアップ情報>
・ラウドロックバンド『coldrain』の新曲「No Escape」が【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】のCMソングとしてタイアップが決定。プロデューサーは『Paramore』や『Breaking Benjamin』を手がけた『David Bendeth』となる。
『coldrain』のボーカルMasatoは「小さい頃に怖い、恐怖心を持ったままPlayStationをプレイしたのをすごい覚えてます。まさかこんな形で曲をバイオハザードに提供できるなんて思っていなかったのですごい嬉しいです。
今回のCMソングであるNo Escapeですが、歌詞も曲もあわせてバイオハザードの世界観に近いものがあると思っていて、人間の本能をすごくテーマにおいている曲で、僕らが感じ取ったバイオハザードの世界観を普段から僕らがバンドとして届けたいメッセージとすごい重なるものがそこにあると思うんで。僕達もやばい曲できたと思うので、やばい音楽とヤバいゲームを楽しんでください。」とビデオメッセージで挨拶をした。
この楽曲はレコチョクより4月18日より着うたフルで配信中だ。

・ファッションコラボ
コンセプトやキャラクターデザインに賛同した有名ブランドとコラボレーション。『U.S.S』の6体それぞれが6つのファッションブランドと個別にコラボし商品となる。各々以下のようにコラボレーションする。
[キャラクター×ファッションブランド]
Lupo(ルポ)×roar
Vector(ベクター)×Roen
Four-Eyes(フォーアイズ)×Kyoji Maruyama
Bertha(バーサ)×PUERTA DEL SOL
Beltway(ベルトウェイ)×HTC
Spectre(スペクター)×ROLLAND BERRY

・【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】オリジナルヘッドセット
『U.S.S.』のメンバーをモチーフにしたヘッドセットになっており、キャラクターが青かったりマスクの部分が青かったりしているので青をイメージした『CO-PRO ステレオゲーミングヘッドセット』となる。4月26日よりゲームと同時に発売。

・【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】LIMITED EDITION
トレーラーやメイキング映像などが入った『Secret report』というDVDがついたり、開発時に使用した様々な資料を集めたコンセプトファイルなどトータルで6つのアイテムが入っているボリューミーな内容の限定版。さらに先着順でエリートウェポンパックのダウンロードコンテンツがつく。その他にICカードだったりドレスシールがつく予定という。

<第2部>
第2部はプレス大会となるが、その前に新作グッズの紹介が行われた。
・オフィシャルガイドブック&オフィシャルサウンドトラック
クリーチャーコラボまで入った大ボリュームのCDとなり、ゲームと同日の4月26日発売予定。CD2枚組で70曲以上が入っているという。

・カプ本Vol3
オールカプコン情報誌となるカプ本が116分のDVD付きでゲームと同日に発売。

・パセラ×カプコンバー×バイオハザードのコラボレーションが決定。
パセラでは『HUNKドリンク』と『SPEC OPSエコーシックスドリンク』の2種類のコラボドリンクを提供。なおドリンクを注文すると3種類の缶バッチの中から1つをプレゼント。
カプコンバーでは『インフェクション』と『リッカーのキャラメルラテ』の2種類のコラボドリンクを提供。さらに4月14日からカプコンオフィシャルグッズもカプコンバーでの発売が開始される。

・新日本プロレスリングとCAPCOMのコラボレーション
今年カプコンが40周年だが、新日本プロレスも同じ40周年ということでコラボレーションが決定!ここでゲストとして、新日本プロレスより現IWGPインターコンチネンタル王者であり「NEW JAPAN CUP2012」を征したばかりの後藤洋央紀と「100人に1人の逸材」として新日本を牽引する棚橋弘至が登場。二人が着ているTシャツが今回コラボレーションにより発売される『NJPW×BIOHAZARD Operation Raccon City』のTシャツとなる。正面の胸には新日本プロレスのライオンマークが輝き、文字には「KING OF GAME BIOHAZARD」と書かれている。さらに左腕袖にはCAPCOMと新日本プロレスのコラボマークが入り、バックには新日本とバイオハザードの登場人物がオリジナルチームを構成している絵がプリントされている。
コラボTシャツは1種類だけではなく『ASURA'S WRATH』・『STREET FIGHTER X 鉄拳』ともコラボし、『ASURA'S WRATH×NJPW』は新日本プロレスのシンボルマークにアスラの力強い勇姿を載せ、本編でも枠に収まらないアスラの迫力を逆境粉砕の文字とともにデザイン。『STREET FIGHTER X 鉄拳×NJPW』は新日本のヒールユニットCHAOSとストクロの人気格闘家同士を激突させたものをポスター風に再現し「ストリートファイター&鉄拳vs新日本プロレスリング」の対抗戦開戦を思わせるデザインになっている。3種類とも5月3日頃より発売予定であり、各新日本プロレス会場などでも購入が可能となる予定だ。

棚橋と後藤はそのままバイオハザードヒーローズモードをエキシビジョンマッチとしてプレイ。ヒーローズモードは4vs4で先に全滅させたほうが勝利となる戦いであり、棚橋と後藤は同じチームでタッグを組むことに。
棚橋がカルロス、後藤がジルを選択。プレイが始まると、棚橋が球切れのまま銃を打とうとしたりなかなか味方に合流できなかったりという場面が見られたが、合流するとプロレスラーらしく武器である銃を捨て生身でゾンビや敵に近接攻撃を叩きこみ続ける。やはり近接攻撃では敵に押し倒されてしまう場面もあったが、そこはすかさず後藤がカット。ゲームに慣れている後藤はショットガンでガンガンと敵をなぎ倒していく。しばらくプレイした後時間切れとなりエキシビジョンは引き分けへ。プレイを終えた棚橋は悔しそうに「楽しかったっす。でもやっぱやられると悔しいっす」とコメント。後藤は「普段からやってるんですけど、はまりますね!」と笑顔でコメントした。
2人はその後プレス大会となる16名でのトーナメントにも参加するが初戦敗退。棚橋は「Aチームダメでした。誰かが足引っ張ってましたね。僕ちょっとしか倒してなかったです・・・」と逸材らしからぬ弱気発言で会場を後にした。

最後に川田Pが「かなり今までと違うバイオハザードの世界観を出せるんじゃないかなと思っています。かなり冒険したと思うが、今回のように1人で恐怖を味わうというよりも皆で味わえる物になっていると思うので、新しいゲーム体験をおこなってほしいと思います」とコメント、萩原室長は「開発陣が最高の作品で12年度スタートきっていただいたと思いますんで、ほんとにこの作品を含めて今期一年お力添えを頂きたいなと思っております」としめ、今回のプレス発表会は終了した。

発表会終了後新日本プロレスの2人が囲み取材に応じ、棚橋は「画像がすごいっすね!操作性の自由度が高いので、難しいんすけど、ムキになってしまうのはプロレスラーも一緒だなと。
(ゲーム業界とコラボする事については)すごい事ですよ、今日は大切な日ですね。ゲームユーザーはものすごい数いらっしゃるんで、そのなかに新日本プロレスが絡んでいけるというのは光栄な事だし、おんぶに抱っこでお願いします(笑)あとあの余談なんですけど、やりこみたいんですけど僕まだPS2までしか持ってないんです・・・カプコンさん、PS3をお願いします。
(ストクロ鉄拳との)Tシャツでは対抗戦みたくなってましたけど、レスラー対スト2のファイターとか是非お願いしたいですね。どうやってハイフライフローとかやるんだって話ですが(笑)」とコメント。後藤は「バイオハザードシリーズ結構やってるんですけど、今回その噛まれてゾンビになっちゃったりですね、リアルなゾンビの世界観が表されててすごいリアルだなと。
(ゲーム業界とコラボする事については)カプコンさんといえばストリートファイター2で中学校の時に学校休んで買いに行ったぐらい思い出があるんで、もうこれから大事にしていって、次はプロレスゲームもね、また作っていただいて、プロレスとゲームのコラボもお願いします」とコメントした。

さらに今回はカプコンと新日本プロレスが同じ40周年ということでコラボしたが、先日全日本プロレスとも同じ40周年ということで合同興行が発表されたことについて棚橋は「40周年という節目の年なので、お互いの団体にとっていい大会、そしてそのプロレス界にとってもド派手に盛り上げて、またいい流れを加速できるような起爆剤になるようなね、大会にしたいです」とコメント、後藤は「プロレス界盛り上げていくためにはすごいいいことだと思いますけども、その中でもやっぱ、看板をはれるように頑張っていくだけです。全日本来てもいいけど、やっぱり新日本が上をはっていかなきゃいけないと。ベルトも取って新日本の中心にもなっていけるようになっていきたいですね」とコメントした。

【バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ】
■ ジャンル:サバイバルシューター
■ 対応ハード:PlayStation3/Xbox 360
■ プレイ人数:1人(オンライン対応)
※キャンペーンCo-op 1~4人/マルチプレイ:最大8人
■ 好評発売中(2012年4月26日)
■ 希望小売価格:6,990円(税込)
■ CEROレーティング:D(17才以上対象)
■ 対応:PlayStation Network対応、Xbox LIVE対応
(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://www.capcom.co.jp/bhorc/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  / /