ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【TGS2012】カプコンブースレポ

 2012年09月22日

カプコンブース、今年のラインナップは期待作が目白押し!



まずはビジネスデーから多くの人が訪れたのはこのタイトル、ニンテンドー3DS用ソフト【モンスターハンター4】。

プレイアブル出展では、今回新登場の武器、操虫棍が使用可能。ただ本来は切り属性だが、TGSバージョンでは打撃属性になっているので注意。
クエストは3タイプ 初級のドスジャギィ討伐、中級には新モンスターケチャワチャが、そして上級には帰ってきた轟竜、ティガレックスが登場。 シングルモードとマルチプレイで体験が可能だ。
そして今回は高低差を利用したフィールドが多く展開する。自ら任意でジャンプができるわけではないが、高いところから飛び降りながらのアクションが可能になった。
ちなみに操虫棍だけは、空中に飛び上がるアクションがあるので狙ってジャンプアクションを起こすことができる。
うまく飛び降り攻撃を当てると「乗り状態」となり、ナイフ攻撃ができる。敵モンスターに振り落とされないようにしながら切りつけよう。モンスターが暴れだしたらRボタンでしがみつける。

ちなみにブースには、3DS LL用の拡張スライドパッドも展示されていた。LLユーザーにとっては待ちに待ったアイテムだろう。

続いて、完全新作タイトル【エクストルーパーズ】をご紹介。
今回は3人でのマルチプレイを体験してきた。ちなみにマルチプレイでは3DS、シングルプレイではPS3で試遊することができる。
SFアクションシューティングのこのタイトルは、メインウェポンとサブウェポンとなる銃火器を切り替えつつ、敵を倒しながら進んでいく。またBボタンでステップ、押しっぱなしでダッシュが可能。
ダッシュからの近接アクションが思いのほかそう快で、近接攻撃から敵を打ち上げガンで撃つといった様々なコンボに発展することができる。

エネルギーが減ったら倒したエネミーが落とすカプセルを取ってエネルギー回復することができるので、一度距離を置くのも戦法の一つだ。ちなみにこのカプセルを取ることでゲージがアップし、満タンになると必殺技を繰り出すことができる。必殺技には単体で使うものと、発動後にプレイヤーが近くに集合することで大ダメージを与えられる合体技がある。他のプレイヤーと声を掛け合い狙っていこう。
今回のTGS版では単体ボスと戦うレベル1と複数のボスと同時に戦うレベル2が選べる。

最新映画も好調、ホラーゲームの代名詞ともいえる【バイオハザード6】もプレイアブル出展だ。
今回はPS3とXbok360から選択することができた。筆者はもちろんXbok360を選択。
シナリオはCo-opプレイではレオン、クリス、ジェイクから。シングルはエイダを選択可能。 ここではCo-opプレイでクリスのシナリオを体験。
まず最初に驚いたのは、デモムービーで仲間のプレイヤーの画面とで、視点が違っていたことだ。方やサンルーフからのぞいている兵士と運転席にいる兵士。それぞれ違った映像が映し出されていた。 小さなことかもしれないが、普段気がつかない光景に驚かされた。

そこを銃撃され、トラックが横転するところからゲームは始まる。
フィールドではB.O.W.に侵されたクリーチャーと戦っていく。おなじみのアクションスタイルだ。シナリオを進めていくと、プレイヤーの10倍はありそうな大きさの、【バイオ-5】のンデスのような大型クリーチャーが出現。行く手を阻む。 見た目としては、ライフゲージがブロックタイプに変更しており、ハーブタブレットで1ブロック回復するようになっていた。

【ロストプラネット3】こちらもプレイアブル出展。 ちなみにこちらはゲームの世界観である、極寒の世界を体験してもらえる特設ブースとなっており、少し肌寒く感じられるくらいの温度設定になっている。お土産もクールジェルパッドで、熱気ムンムンのTGS会場にはもってこいのアイテムだ。

ようやくお目見えする【逆転裁判5】
崩壊した法廷をイメージしたブースとなっており、入口にはあの指を突き立てるポーズの彼が待っている。こちらもビジネスデーであるにも関わらず多くの人でにぎわっていた。
新キャラクターも登場し、驚く展開になるほどとうなずいてしまうのでは?

ブース内特設ステージでは毎日、最新タイトルの情報を公開。今回最大規模スペースを誇るカプコンブースに、是非足を運んでみては?


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /