ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

NDSに挑戦状!【ルパン三世 史上最大の頭脳戦】

 2009年11月19日

『ルパン三世』初のDS用ソフトがバンダイナムコゲームスより登場。ルパンらしいストーリーとナゾトキを存分に楽しめる思考系ゲームが発売する。タイトルは【ルパン三世 史上最大の頭脳戦】



『ルパン三世』と言えば原作はモンキー・パンチのハードボイルド漫画。怪盗ルパンの孫、大泥棒ルパン三世と仲間たちが世界中に散らばる財宝やそれにまつわる謎を解き明かすTVアニメシリーズは、終了した今でも定期的にTVスペシャルが制作される名作だ。
映画はもちろん、幾つものTVゲーム化、パチンコ化されるほどのビッグタイトル。
なんと2010年にはこの『ルパン三世』が2010年に多方面で大きな展開をするとのこと。
その一つとしてこの【ルパン三世 史上最大の頭脳戦】が発表された。

ゲームは2つに分かれていて、敵に見つかると即ミッション失敗のスリル溢れる【潜入ミッション】と、天才的な知性と華麗な閃きが試される【IQミッション】の2部構成の超本格IQミッションゲーム。
【潜入ミッション】は敵やトラップをかわす思考力が、【IQミッション】は直感力、推理力が求められる。そのミッション数はなんと70以上!
TVシリーズおなじみの豪華キャストがキャラクターボイスも豊富に、今作オリジナルのストーリーが展開します。


~あらすじ~
ルパンは不二子に依頼され、とある美術館から金庫を盗み出す。
しかし、当の不二子とは連絡が取れなくなり心配するルパン。
だが、なんとテレビ画面の中に大富豪ビリゲッツとともに美術館のオープニングセレモニーに参加している不二子を発見する。
その美術館では<隠れた天才芸術家パラドックスの作品初公開>を謳っていた・・・・
再度、美術館に潜入するルパンはそこで不二子から盗み出した金庫の中にあった「絵」について説明を求める。
実はパラドックスの「絵」は、一つ一つがパズルのピースとなっていて、パラドックスの隠し財宝のありかを示す鍵であるという。
残りのピースは世界各地に点在するパラドックスの館にあることを聞き出し、館に潜入するルパンと次元。
そこで待ち受けていたものは<パラドックスの亡霊>が仕掛ける侵入者を阻む難解なパズルだった。
パズルを解かなければ進めない館。しかし、ルパンはIQ300の頭脳を駆使しパズルを次々解いていく。
やっとの思いで館を脱出したルパン達を待ち受けていたものはなんと大富豪のビリゲッツだった。
ビリゲッツはパラドックスの財宝の噂を聞きつけ、つけ狙っていたのだが、パズルが解けずピースを手に入れられなかったのだ。
不二子を監禁し、引き換えにピースを要求するビリゲッツ。
要求を拒むルパンだがパラドックスの正体を解くためにビリゲッツの罠に嵌まるのだった。
・・・・果たして、謎の天才芸術家パラドックスの残した財宝とはなんなのか!?パラドックスの亡霊の正体は!?


謎解きもオリジナリティにあふれ、『ルパン三世』に基づいた設問が登場する。もちろんヒントも用意されているので、原作をあまり知らない人でもわかりやすくプレイできるはず。
ニンテンドーDS用ソフト「ルパン三世 史上最大の頭脳戦」は2010年2月4日発売予定。



【ルパン三世 史上最大の頭脳戦】

発売予定日:2010年2月4日(木)
対応機種:ニンテンドーDS
メーカー希望小売価格:5,229円(本体価格:4,980円)
ジャンル:頭脳系ナゾトキ潜入アクション
プレイ人数:1人
対象年齢層:審査予定
(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV  (C)2010 NBGI
発売元:株式会社バンダイナムコゲームス
公式サイト:http://www.lupin-game.com/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード