ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

“戦国BASARA”聖地巡礼ガイド発売

 2009年09月01日

聖地巡礼などと言った言葉がある。それは宗教的な“聖地”ではなく、ゲームやアニメの登場キャラクターの所縁の地や、関連する場所をめぐるといった意味合いだ。
日本全国の地域や観光地を網羅する観光ガイドブック『るるぶ』を手掛けるJTBパブリッシングから、戦国武将ゆかりの地ガイド本が発売される。



ブームの最大の火付け役といわれているアクションゲーム、「戦国BASARA」(カプコン)の人気キャラクターを起用、人気ランキング上位の「伊達政宗」「真田幸村」「長曾我部元親」「上杉謙信」「毛利元就」の5人をラインナップに取り上げ、武将ごとにまとめたシリーズ全5冊を同時発売。
巻頭では「戦国BASARA その熱き世界観とは!?」と題し、「戦国BASARA」の世界における武将の魅力に迫る。

ガイド部分では、武将の生涯を時系列的にたどりながら、時代ごとに見逃せない巡礼スポットを詳しく紹介。
Vol.1である「伊達政宗」の第1章「独眼流、その若き日々(1567~1585年)」では出生から家督相続までの歴史を振り返りながら、舞台となった米沢城周辺の具体的な史跡紹介していたり、勿論『るるぶ』らしく旅に欠かせないご当地グルメやみやげ情報、現地の宿や交通情報なども充実。
単なるキャラクターグッズや、表紙だけのものではなくしっかりとした観光ガイドブックになっている。
実際に旅行の予定はなくとも、これを手に取って好きな武将の世界に存分に浸ってみるのもよいのでは?

また、ネット通販サイトにて5冊セットで購入するとオリジナル化粧箱が付いてくる。オリジナル化粧箱入り5冊セットは6300円。絶賛予約受付中だ。

【“戦国BASARA”武将巡礼】
Vol.1伊達政宗
Vol.2真田幸村
Vol.3長曾我部元親
Vol.4上杉謙信
Vol.5毛利元就

判型:A5判
定価:各1260円(税込)
発売日:2009年9月3日(木)
発行:JTBパブリッシング

■紹介されるおもなエリア
伊達政宗:米沢、岩出山、仙台、松島 (東北地方)
真田幸村:真田の郷、沼田、上田、別所温泉、松代 (信州地方)
長曾我部元親:高知、中村、徳島、高松、道後 (四国地方)
上杉謙信:上越市、長岡、六日町、長野市、米沢 (信越・山形)
毛利元就:広島・吉田郡山、石見銀山、三原・瀬戸内、厳島(中国地方)

【“戦国BASARA”武将巡礼】をみて旅に出たくなったのならこちらから。
るるぶ:http://www.rurubu.com/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード