ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

【デッドライジング 2 オフ・ザ・レコード】発売前夜祭が開催!

 2011年10月12日

【デッドライジング 2 オフ・ザ・レコード】発売を記念して前夜祭が開催!特別ゲストやゲーム大会などファンならたまらない企画が盛りだくさん!



本日渋谷にて【デッドライジング 2 オフ・ザ・レコード】(以下DR2 OTR)の発売前夜祭が行われた。
デッドライジングはゾンビが徘徊する街に潜入したジャーナリストの主人公が、わらわらと群がってくるゾンビを様々なアイテムを武器にして倒し続けるゾンビパラダイスアクションゲームだ!
2006年に第1作が発売され、今作はその続編となり2010年に発売された『デッドライジング 2』の世界に、もし『デッドライジング』 の主人公が居たらというifストーリーとなる。

まずはカプコンのWeb番組「はぎとこ」でおなじみカプコンパブリシティ企画 推進室 室長、萩原良輔氏が登場。「今回作品のコンセプトで前夜祭をすることができました。明日の朝には買ってプレイしていただければと思ってます」と挨拶。続いてオープニ ングとしてサイコビリーバンド『CRACKS』のミニライブが開催。ゾンビメイクをしたバンドメンバーがステージ上でマイクやチェーンソーを武器に歌い狂った。

ライブが終わると【DR2 OTR】プロデューサー内田氏が司会となりトークショーへ。【DR2 OTR】WEBマガジンのマスク・ド・UHが登場し「WEBマガジン第一回のゲストで登場した『CRACKS』に出てほしいとお願いして出てもらった」と今回『CRACKS』がオープニングを飾った経緯を説明。『CRACKS』はプレイの感想としてゾンビ語で「ウヘハハハウヘハウヘハアアハハハ(訳:面白かった)」、「ウヘーハァーフハハハア(訳:同じゾンビの同胞を殺すのはとっても複雑な気分だった)」と語り、最後に「デッドライジングイエーイ!」と普通に日本語で喋り「イエーイ!」という観客の掛け声と大きな拍手とともに終了した。

次に行われたのは【DR2 OTR】の最新情報の公開。
まずはスクリーンに『デッドライジング2』のチャックが登場。司会の内田氏は「背中にケイティーの人形を背負っているが、どうやってフランクと関わっていくのか、なぜ退治していくのか明日発売の【DR2 OTR】で確認していただければと。チャックやフランクであるからこそのゲーム性を楽しんでいただければと思う」と解説。続いてスクリーンにはWEBで公開中の海外版を日本語にローカライズしたトレーラーが特別上映された。

ここでショートフィルム『TOKYO DEADRISING』を製作したSABU監督(代表作:『うさぎドロップ』・『蟹工船』)が登場。SABU監督は「ゾンビものは初めてでしたし、ショートフィルムということで勢いで突っ走ると言うか。映画作りはR指定や映倫がうるさくて我慢してる部分が多いが、今回は好き勝手やらしていただいた。キャストもノーギャラで勢いがあってよかった」とコメント。
さっそく会場にて『TOKYO DEADRISING』が上映されたが、その内容に関しては【DR2 OTR】公式サイトにて明日より全3話で配信スタート(第1話:10月13日(木)~/第2話:10月20日(木)~/最終話:10月27日(木)~)となるので是非アクセスしてみてほしい。なおメイキング映像も配信決定ということで、今日会場に居た方も改めて楽しめるようになっている。

上映が終わると、主人公のシマダ役の鈴木規史さんとヒロインのミドリ役の鹿谷弥生さんが登場。鈴木氏はフランクをイメージしたスーツで登場するも鹿谷さんから「足りない」と頭を叩かれたり、「実際このスーツで撮影したのが8月という事でスーツが汗でびっしょりになって衣装が敗れた」という裏話を含めコメント。 鹿谷さんは「口が裂けたメイクを気に入ってずっとしていたい」とゾンビ姿がすごく気に入っているようだ。

ここで告知コーナーとなり、各自
SABU監督:「うさぎドロップが台湾国際映画祭のオープニング作品に選ばれました。今度行ってきます」
鈴木規史:「とくお組という劇団なんですけど、来年3月本公演があるので是非見に来てください」
鹿谷弥生:「私ロックバンドを始めまして「SIKA-BAMBI」といいます。ライブとかやってるんで是非遊びに来てください。CDも10月下旬に流通しますのでよろしくお願いします」
と告知。続いて登壇者だけではなく、デッドライジングからも告知として以下の情報が公開された。

・フランクの相棒ともいえる、マイクロ一眼デジタルカメラが当たる!!発売記念プレゼントキャンペーンがスタート。モバイル・PC両方の公式サイトの応募フォームより18歳以上なら誰でも応募が可能!!
・公式サイトにて有名人が実際に【DR2 OTR】をプレイする『有名人プレイ動画 スクープを追え!!』も最終回。第一回目は元・中野腐女シスターズの乾曜子、2回目は現役日テレジェニック大矢真夕、3回目はK-1チャンピオンであり今はプロレスラーでもあるコスプレファイター長島☆自演乙☆雄一郎、4回目は元女子プロレスラーで現在女子プロレス団体『スターダム』のGMを勤める風香、そして最終回はスッキリでおなじみの阿部祐二レポーターとなる
・デッドライジング・モバイルが10月13日無償アップデート開始!!地獄のショッピングモールに新たな迷い人「ジェシカ」登場

の3点が発表され第1部は終了した。

第2部が始まると【DR2 OTR】をイメージしたドリンクとフードが登場。その他にもゾンビメイクを実際に体験できるコーナーや、会場を徘徊するゾンビと記念写真が撮れるなど会場に居る方が楽しめる「体感型」のイベントへ。

各々が食事をしたりメイクを楽しむ中、今回新しく登場したサンドボックスモード屋上大虐殺(制限時間は30秒)のタイムアタックがおこなわれた。様々な武器が落ちている屋上にて、ゾンビを30秒以内で何体倒せるかを競うモードだ。
プレスからチャレンジが始まるが、さすがにゲームサイトの記者の方々、全員が全員ハンマーを持って突撃。平均24.5体をなぎ倒していく。続いてカプコンユニティジャパンの招待された方々もプレイ。プレイした方にはアーサーパンツがプレゼントされた。

結果、プレスは3位までに商品を贈呈(GameJamは28体で惜しくも4位)。招待者は上位5人による直接対決へ。ステージの上にあがった5名は会場の視線を受け止めながら順々にプレイ。ラストは予選1位の女性が29体を倒し、見事全出演者&監督のサイン付きPPTシャツを手に入れた。

これをもって第2部が終了。最後にSABU監督が「後夜祭をお楽しみに(笑」と閉めて『デッドライジング2 オフ・ザ・レコード発売前夜祭』は終了した。

<商品概要>
■ タイトル(日本語表記) : デッドライジング 2 オフ・ザ・レコード タイトル(英語表記) : DEAD RISING 2 OFF THE RECORD
■ ジャンル : ゾンビパラダイスアクション
■ 対応機種 : PlayStation3/Xbox 360/PC
■ 発売日 : PS3/Xbox 360 2011年10月13日発売予定 / PC 2011年11月24日発売予定
■ 価格 : 4,990円(税込)
■ CERO : Z
■ プレイ人数 :1~2人
■ 開発元 : カプコン ゲームスタジオバンクーバー
■ 発売元 : カプコン
■ 権利表記 : (C)CAPCOM CO., LTD. 2010, 2011 ALL RIGHTS RESERVED.
■ 公式サイト : PC → http://www.capcom.co.jp/deadrising/2otr/
携帯 → http://mcap.jp/g/dr2_otr/


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  / /