ゲームジャム Game Jam

ゲーム情報サイトGameJam

Kinectでキミもヒーローになれる!【パワーアップヒーローズ】プレイレビュー

 2012年01月17日

日本マイクロソフト株式会社が1月19日に発売を予定している、Xbox 360 Kinect 専用ゲーム【パワーアップ ヒーローズ】を一足お先にプレイしたのでレポートする。



Kinectを使って変身!!キミもスーパーヒーローになれる!

コントローラーを使わず、自分自身の体を使って直感的に遊べる、カラダまるごとコントローラー「Kinect」が発売された時、「これで格闘ゲームをやったらどうなるんだろう」そう思った人はいないか?少なくとも筆者は何度もそんなゲームを想像したことがある。
キックやパンチはもちろん、波動技をポージングで出せたら面白いだろうな。そう考えていた。

さかのぼること20年ほど前、集英社の少年ジャンプが創刊25周年を迎えた年に開催された「ジャンプマルチワールド」で、赤外線センサーを使った「ドラゴンボール」の対戦格闘ゲームがあったのを思い出した。
「ドラゴンボール バーチャルリアリティーバトルゲーム」というタイトルのこのゲームでは、当時の最新技術であるVRをいち早く取り入れた世界初のゲームとして注目を集めていた。
両腕にセンサーを取り付け、八角形のセンサーフィールドの中でパンチやキック、「かめはめ波」のポーズをとったりしながら戦う対戦ゲームだった。

そんな事を思い出しながら、Xbok360を起動する。今回紹介するのは、マイクロソフトの【パワーアップ ヒーローズ】だ。

リリースによると、

【パワーアップ ヒーローズ】は、Kinectを使ってスーパーヒーローになれる対戦格闘ゲームです。プレイヤーが作成したアバターに、多彩な能力を秘めたスーパースーツを着せることでヒーローとなり、悪に侵略された世界を救うため、次々と現れる敵と戦います。
作戦を練り、全身を使ったジェスチャーでスーパーアタックと呼ばれる必殺技の数々を発動して攻撃、倒した敵の数によって新しい力を秘めたスーツを手に入れることができます。
Kinectによるボディコントロールで、まるで本当にヒーローとなって戦っているかのようなリアルなバトルを体験することができます。画面分割によるマルチプレイでオフラインの対戦プレイが楽しめるほか、Xbox LIVEで世界中のプレイヤーと対戦ができ、ランキングを競えます。

とある。

Kinectがプレイヤーを認識すると、自動的に登録されているXbox Liveで使用しているアバターが登場する。まさに自分自身(分身)がヒーローになれるのだ。
まずは「キャンペーンモード」をプレイしてみる。キャンペーンモードは全17体のCPUと戦うストーリーモードだ。

画面は北米版の物

ストーリー :
人類が経験したことのない脅威により地球は危機に直面していた。悪の存在「マリグナンス」が、強力な力を持つ「エミッター」を使い地球を侵略しようとしていたのだ。マリグナンスの魔の手から地球を救おうとしたヒーロー「ヴォルタ」。しかし、ヴォルタには時間を稼ぐことしかできなかった。戦いの果てに力つきる直前、ヴォルタは自分の力を引き継ぐべき人間を見つける……
さあ、 HERO になってPOWER UP せよ!

タイトルには"ヒーロー"とあるが、イメージ的にはアメコミのヒーロー、ミュータントが一番しっくりくるだろう。
普通の人間である主人公、この場合は自分自身及びそのアバターが、異星人からスーパースーツを受け取ってヒーローになる。いかにもアメコミのプロットにありそうな王道パターンだ。

始めは一つしかないヒーロースーツだが、ストーリーを進め、立ちはだかる敵を倒すことで様々な能力を持ったスーツを選べるようになる。
またスーツを着用する際は、マスクを被るか否かを選べる。能力に影響はないが、自分のアバターの顔を隠したくないと言う人はヘルメットオフを選ぼう。
立ちはだかる敵は、重力使いやマグマ使い、サイコキネシス使いや銃火器使いなど様々。自分の持つスーツの中から2つをチョイスして闘うことになる。

いよいよプレイ開始。画面に向かいパンチを繰り出すと、敵に向かってスーツにあったショットが飛んでいく。キックをするように膝を上げると相手に向かってダッシュする。敵に密着すると接近戦が始まる。これが基本技の様だ。
接近戦では表示されるポーズに合わせてパンチやキックを繰り出そう。タイミング良く決まると相手にダメージ。最後はアッパーなどのフィニッシュ技で相手を吹き飛ばす。
逆に相手に接近戦を挑まれた時はガードを行う。相手より早く表示されたガードポーズをとることで攻撃をガード出来る。

次に必殺技だ。スーツにはそれぞれ3つの必殺技、スーパーアタックが用意されている。
スーパーアタックは表示されるポーズを取ることで発動出来、スーツに合わせた特殊能力を使用出来る。ちなみに必殺技は一度使用するとゲージが再びチャージするまでは使用できない。とは言っても掛る時間は数秒なので、他のスーパーアタックを使っている間に回復する。

また2種類のスーツは左手を天に突き上げる事でチェンジすることが出来る。各スーツに毎にそれぞれ3つ。合計6つのスーパーアタックを駆使して闘うことになる。
もちろん敵もスーパーアタックを使用する。相手が技を繰り出したら身体を左右にかがめて避けることも出来た。

このスーパーアタックが技毎にアクションが決まっているのだが、合わせた両手を右の腰へ引き、前へ一気に突き出すと言った、子供の頃誰しもがまねした「かめはめ波」のポーズだったり、天に掲げた手を地面にむけて振り下ろす雷を落とすようなポーズなど、そんなアクションがまた面白い。

序盤はこれでもかと言うほどスーパーアタックを立て続けに繰り出して敵を倒していたのだが、進めて行くと敵も徐々に強くなる。
敵の攻撃を避けたり、ショットでけん制したり、接近戦で体力を削ったりしながら進めて行こう。

それでも叶わない強敵にはチェインがオススメ。
スーパーアタックの中には相手をスタンさせる起点となる必殺技があり、その隙に続けて別のスーパーアタックをヒットさせることで協力なチェインが発動する。
また、慣れてくればスタンの間にスーツをチェンジし、スーパーアタックを決めるスーパーチェインを決める事も出来るようになるだろう。

戦闘を重ねることでプレイヤーには経験値を取得する。経験値が一定数に達するとレベルアップし、パワーアップと呼ばれる能力を取得する。これはスーツを選択後に一つを選んで装備することができ、上手く使えばバトルを優位に進めることが出来そうだ。

【パワーアップ ヒーローズ】はKinectを用いて、自分自身の体を使って直感的に遊べる対戦格闘ゲームだ。
闘い方にもなれ、チェインも狙って出せるようになった頃には、身体が肩で呼吸しているのに気がつく。一見派手なアクションの無いゲームだが、プレイに熱中して思いのほか身体を動かしていた様だ。
このあたりがコントローラーを用いた通常の格闘ゲームとの一番の違いではないか。

また、ゲーム発売後からは、全世界のプレイヤーとオンラインで対戦することも可能になる。世界中のテレビの前で、同じ様にポージングをしているプレイヤーがいるのだと思えば心強くもなるだろう。

20年ほど前、最新技術として紹介されたセンサーを認識して闘うアクションゲームは、今では家庭で、簡単な機械をセットするだけで手軽に楽しむ事が出来るようになったわけだ。

ゲームを進めながら程良い運動が出来て、まるで自分自身がアメコミの世界に入り込んだかのような、そんなXbox360 Kinect専用ソフト【パワーアップ ヒーローズ】を是非一度試してみてはいかがだろうか。

【パワーアップ ヒーローズ】
発売:日本マイクロソフト
開発:Ubisoft Entertainment
発売日:2012年01月19日(木)
価格:5880円(税込)
ジャンル:アクション
CEROレーティング:B(12歳以上対象)

公式サイト:http://powerup-heroes.ubi.com/powerup-heroes/en-US/
http://marketplace.xbox.com/ja-JP/Product/PowerUp-Heroes/66acd000-77fe-1000-9115-d8025553086b



※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

当記事関連キーワード  /

twitter

アンケート

Q. PS Vita 買う?

実施期間 2011-10-15 00:00:00 ~ 2011-12-16 23:59:59

選択肢投票数比率
216.67 %
325.00 %
18.33 %
216.67 %
433.33 %